BEEK / OKAMOTO'S

今回、ご紹介するのはOKAMOTO'S(オカモトズ)!

ライブの時に楽屋に「亀田さん、聴いてください!」と僕に直接CDを持って来てくださる若いアーティストがたくさんいるのですが、それがすごくうれしいんです。

と言っても、自分がいいなと思うアーティストにはなかなか出会えないのですが、このOKAMOTO'Sは最初に会った時のメンバーのオーラが違ったのです!

全員が岡本太郎好きで、ラモーンズのように全員苗字はオカモト。オカモトショウ(Vox)、オカモトコウキ(Guitar)、ハマ・オカモト(Bass)、オカモトレイジ(Drums)。僕も「岡本太郎、好きなんだよ〜!」と言ったら「岡本太郎好きなんて、後付けでんがな〜!」と笑われて、こいつら何なんだと(笑) しかも全員19歳。その物怖じしない感じに、おもしろいな、と。

渡されたCDを聴くと、これがまたかっこいい!音楽スタイルはローリングストーンズ、ザ・フー、といったクラシックロックとR&Bが合体したようなうねるサウンド。TOKIO HOT 100や今世の中で流れているような最先端の音楽とは真逆な方向。究極のアナログサウンド。ちょっとしたデジタルなトッピングもありません。

クラシックなロックを目指していても、どこか新しい要素があるというのが、今までのヒットの常識だと思っていたのですが、OKAMOTO'Sに新しい要素がありません。クラシック・ロックそのままなのです。街に同じような音楽が溢れちゃってる中、このOKAMOTO'Sは想いっきり60年代に戻っているのがイイ!なにより、勢いでやり切ってるところがイイ!

ベースのハマ・オカモトが「ベースを弾くきかっけは、亀田さんだったんです!」と言ってくれて、そういう世代が出て来てくれることがうれしいですね。

すばらしいバンドです。



OKAMOTO'S Official Website

亀田誠治(かめだせいじ)

日本音楽界稀代のプロデューサー、椎名林檎、スピッツ、平井堅、アンジェラ・アキ、Chara、秦基博、エレファントカシマシ、JUJU、チャットモンチー、フジファブリック、など。

2004年夏から椎名林檎らと「東京事変」を結成。
2009年自身初の主催イベント『亀の恩返し』を武道館にて開催。
アーティストとしても活動中。
makotoya : SEIJI KAMEDA Official Website