PALA TUTE / Gogol Bordello

インターナショナル・ジプシー・パンク・バンド、ゴーゴル・ボルデロです!
あのリック・ルービンがプロデュース!

僕は一昨年のフジロックで初めて取材して、ライヴを見てぶったまげて、去年もサマーソニックではビーチステージ最前列で見て、帰って三日間耳鳴りにやられました。

ボーカルのユージンのキャラがすごく立っていて、ガリガリでカイゼルヒゲ、ビチビチのズボンに上半身裸。田舎のジギー・スターダストですよ。マドンナが彼に惚れ込んで、彼女の初監督映画「ワンダーラスト」の主役に抜擢したり、あのグッチがユージンをヒントにしたロシアン・ロックなラインを発表したりしてます。

彼はウクライナ生まれで、お婆ちゃんがロマいわゆるジプシー民族なんです。十代であのチェルノブイリ原発事故に遭い、数年間難民キャンプ生活を余儀なくされました。それから共産主義体制ではパンクは出来ないと、東欧、西欧を経て、アメリカに一家で渡り、99年にゴーゴル・ボルデロを結成。


今日かけた曲「PALA TUTE」は2007年にイギリスで行われたライヴ・アースでマドンナのステージにゲスト出演したユージンが、マドンナの「ラ・イスラ・ボニータ」とメドレーで歌った曲です。

ジプシーパンクという音楽性をどうやって思いついたのか、本人に聞いたら、

「ウクライナの伝統的な結婚式に行けば、イギー・ポップ並みにクレイジーなジプシーの演奏を聞くことが出来る。イギー・ポップを初めて聞いた時、オレの親戚にそっくりの奴がいるじゃないか!と思ったんだ。そして、オレはジプシー音楽とイギー・ポップを一つにすればいいと気づいた」

と言っていました。


★ただいまフリーで音源をダウンロードできます!

サラーム海上(うながみ)

アフリカ、中近東など、HOUSE,HIPHOP TECHNOシーンにめっぽう詳しいツワモノライター。大学卒業後、音楽ソフト販売、フランス留学、2年半の放浪、インディーズ系レコード会社、クラブ運営会社を経て「よろず風物ライター」としてTVブロス、ソトコト、STUDIO VOICE、MUSIC MAGAZINE、流行通信、フィガロ、PEN、SWITCH、POP ASIAなど連載多数。



[お知らせ]『和光大学オープンカレッジ ぱいでいあ』にて5月から一年間、サラーム海上さんが講師を務める「ワールド音楽入門」講座が開かれます。

サラーム海上さんが世界各地で撮影してきた秘蔵の音楽映像を元に、世界の様々な地域の音楽の多様性、共通性を一緒に探っていく視聴覚講座です。受講生絶賛募集中。締め切りは4月12日です。なお、開講にさきがけ、今週水曜3/31午後8時10分から無料の体験講座を開催します。
和光大学 オープン・カレッジぱいでいあ