Confusedte Maenner / Fleur Earth Experiment

本日ご紹介するのはドイツ語ソウルです。
ドイツ語ソウルか、イギリス弁R&Bかで悩んだんですが、より特殊性が強いということでドイツ語ソウルにしました。

ドイツの音楽シーンといって、皆さんは何を連想するでしょうか。
私は、ジャーマン・メタルです。スコーピオンズ、アクセプト、ガンマ・レイ、ハロウィン。あと、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンも忘れちゃいけないです。
でも実は、ドイツってブラック・ミュージックとも不思議と縁の深い国で、ドナ・サマーを支えたのもミュンヘンの音楽シーンでしたし、テレンス・トレント・ダービーがソロデビュー前にフランクフルトでバンド活動をしていたり。
一時期、ブーツィー・コリンズの契約先がワーナーミュージック・ジャーマニーだったんですね。
「Dreamship Surprise」という曲があるんですが、ドイツのお笑い映画用にブーツィー・コリンズがわざわざ書き下ろして歌ってました。
これがまた強力な映画で、スター・トレックのゲイ・パロディなんですよ。
もちろんマイナーな映画かと思いきや、なんとドイツ国民の10%くらいは見ているらしいんです。
こちらの映画タイトルは「Dreamship」、DVDも出てますので気になる人は是非見てみてください。

で、本日ご紹介する曲は、東ドイツ生まれで、アフリカのコンゴで育ち、現在はケルン在住の女性シンガー、Fleur Earthを中心に結成されたバンド、Fleur Earth Experimentの「Confusedte Maenner」です。
エリカ・バドゥ的なムードとドイツ語の響きのミクスチャーがなんとも言えません。
ドイツのシーンは正直よくわからないんですが、90年代末に大物リミキサーのDJトミーラが、ダナシーという姉妹デュオを送り出して、たしかこの人たちは英語中心でしたけど、このFleur Earth Experimentや、ジョイ・デナラーニなどを聴く限り、最近ではドイツ語歌詞のネオ・ソウルっぽいものが強いのかなという気がします。
今回ご紹介した Fleur Earth Experiment、是非チェックしてみてくださいね。

丸屋九兵衛(まるやきゅうべえ)

牡羊座、血液型不明。一応、京都府出身。
早稲田大学第一文学部卒業。
浪人はしていないが、卒業までに5年かかる。
理由は勉強が好きだったから。
専門は文化人類学もどき。卒業論文はヴードゥー教関連。
1994年10月にbmr編集部に入る。
現在の肩書きは「編集マネージャー」意味は不明。
内職で早川書房の『SFマガジン』にてスター・トレック連載を執筆。
免許・資格は皆無。機械にはめっぽう弱い。