AUTOMATIC / MARCIA GRIFFITHS & BUSY SIGNAL

毎年この時期になると、いろんなレーベルから今年1年を代表する曲を集めたコンピレーションアルバムがリリースされるんですが、その中から今回ご紹介したい1曲を持ってきました。
2009年ずーっとレゲエ業界でヒットしている、マーシャ・グリフィスとビジー・シグナルというアーティストのコンビネーション曲なんですけど。
マーシャ・グリフィスというのは、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズの時に女性が3人いたんですが、その中の1人。ジャマイカでは国民的シンガーです。
ビジー・シグナルというのは、若いDJで、いろいろトラブルがあってアメリカは入れないんですが、今年の夏にヨーロッパで大ブレイクしています。
国民的シンガーのマーシャ・グリフィス、危険なDJビジー・シグナル。まさに『熟女と野獣』!
日本人で言うと、美空ひばりさんと、獄中経験のある若手アーティストのデュエットみたいな……絶対にありえないコラボレーションですよね。
そんな2人が世代を越えたラヴソングを歌っているというコトが凄い!
最近のジャマイカは、イケイケでエレクトロなダンスソウルが流行ってますけど、この「AUTOMATIC」という曲は、ステディなレゲエの良さと今の新しさが合体してて、去年の暮れにリリースされてから今年1年世界中でヒットしてます。
この曲が収録されているコンピレーションアルバム『THE BIGGEST REGGAE ONE DROP ANTHEMS 2009』是非チェックしてみてください!

八幡浩司(やわた こうじ)

「この人がいないと、日本にレゲエ・ミュージックは入ってこない!」と言われる、レゲエ・ミュージック界の元締め!?
もちろんジャマイカに足しげく通い、ジャマイカのレゲエ音源を日本に紹介。
24×7 RECORDS