SPILT MILK feat. BONNIE PINK / Curly Giraffe

本日ご紹介するのは、Curly Giraffeというアーティストです。
Curly Giraffeの音楽を知ったのは、3年くらい前だったんですが、実はずっと洋楽のアーティストだと思っていたんですよ。
それが今年の春先に、僕がレコーディングしていた隣のスタジオでCharaがレコーディングをしていたんですが、そのセッションでベースを弾いている方が僕の所へやってきて「亀田さんですか?GREAT3の高桑と言います。」
なかなか同じ楽器同士って会ったりしないもので、初めてお会いしたんですけど。
そしたら高桑さんが「実はソロユニットもやっているので聴いてください!」
と、手渡されたCDに、なんとCurly Giraffeと書いてあるではありませんか!
今まで洋楽だと思って聞いていたCurly Giraffeは、GREAT3の高桑圭さんのJ-POPだったんだ!?・・・まんまと一杯食わされた感じですね。

Curly Giraffeの音楽を一言で例えると、僕でさえ洋楽と思い込んでいたくらい、古き良き60〜70年代のアメリカンミュージックのエッセンスが溢れていて、モータウンとか、ウエストコーストとか、サザンロックとか…そういったいろんなエッセンスをいっぱい感じる、僕が思春期に聞いていた固まりのような音楽なんです。
日本的なワビサビ、湿度感というよりも、カラっと乾いたサウンドで、シンプルな構成。
そんなCurly Giraffeを支持するアーティストは非常に多いんですよ。まさにミュージシャンズミュージシャン。
今年の5月に、Curly Giraffeの楽曲をカバーしたアルバムがリリースされたんですが、今回ご紹介したBONNIE PINKの他に、Chara、Cocco、新居昭乃と、名だたる4人の個性派女性アーティストがそれぞれカバーしています。
これがまた秀逸で、彼女達が今まで見せていなかった魅力がCurly Giraffeの楽曲によって引き出されていて、僕も同じ音楽プロデューサーとして、尊敬しきりというか、ジェラシーすら感じます。
今年の10月には女性アーティストをさらにフューチャリングしたアルバムが出るそうです。
そして7月24日のフジロック、FIELD OF HEAVENステージに出演も決定していますので、行ける方は是非生でCurly Giraffeを体感してみてください!


そして、亀田さんからのお知らせ・・・
「亀田誠治、ついにブログ始めました!」
日頃、オフィシャルでは言わないようなことだったり、日常の些細な泣き笑いを写真とコメントと共にお伝えしますので、是非コチラもご覧ください。
亀田誠治さんのブログ「亀の漫遊記」はコチラ!

亀田誠治(かめだせいじ)

日本音楽界稀代のプロデューサー、椎名林檎、スピッツ、平井堅、アンジェラ・アキ、Chara、SOPHIA、175R、松千など、手掛けたアーティストは数知れず。
2004年夏から椎名林檎らと「東京事変」を結成。
アーティストとしても活動中。
makotoya : SEIJI KAMEDA Official Website