THE DREAM IS REAL / THE TONY RICH PROJECT

本日は、アメリカ合衆国大統領バラク・オバマ氏のオフィシャル・サポートアルバムをご紹介します。
第1弾「YES WE CAN:VOICES OF A GRASSROOTS MOVEMENT」は、なんと大統領就任前に企画され、就任を果たした11月に出たものです。
そして今回は第2弾「CHANGE IS NOW:RENEWING AMERICA'S PROMISE」これもまたいろんなアーティストが参加していまして、Usherや、WILL.I.AM、STEVIE WONDER、SHERYL CROWなどなど・・・。
ジャンルは必ずしもR&Bとは限らず、ロックもヒップホップも入ってます。
新曲はそんなに多くないんですけど、Usherの「HUSH」という曲なんかは、本来オバマを支持する意味で配信限定だった曲で、アルバムに入るのは今回が初めてなんです。
Usherにしては珍しく辛辣なメッセージ曲で、ブッシュ政権時代に税制面で優遇されてた高所得層をちょっと皮肉るような・・・正直言って私はUsherの前のアルバムの曲よりこっちの曲の方がだいぶ好きですね。。
そういったいろんな曲が入っている中で、純粋な新曲ということで今回はTHE TONY RICH PROJECTの「THE DREAM IS REAL」という曲をご紹介します。

そしてこのアルバム、なんとCDとDVDの2枚組!
DVDの方は2007年2月〜2008年11月まで約2年間のオバマ演説集が合計3時間強も入ってるんです。
オバマさんはスピーチがうまいですから、これは英語の勉強にもなりますよ!

丸屋九兵衛(まるやきゅうべえ)

牡羊座、血液型不明。一応、京都府出身。
早稲田大学第一文学部卒業。
浪人はしていないが、卒業までに5年かかる。
理由は勉強が好きだったから。
専門は文化人類学もどき。卒業論文はヴードゥー教関連。
1994年10月にbmr編集部に入る。
現在の肩書きは「編集マネージャー」意味は不明。
内職で早川書房の『SFマガジン』にてスター・トレック連載を執筆。
免許・資格は皆無。機械にはめっぽう弱い。