FIRST LOVE / EMMY THE GREAT

これまで私がご紹介してきたのは男性ロックミュージシャンが多かったんですが、今回初の女性ミュージシャンを持ってきました!
香港生まれロンドン育ちの、日本とイギリスのハーフの女の子、EMMY THE GREAT(エミー・ザ・グレイト)というソロ・シンガーです。

今年2月にロンドンへ出張がありまして、そこで見つけてきたんですが、
今のイギリスは、景気が悪いということもあって、大きなレコード屋さんは元気がないんですけど、趣味に走っているような小さなレコード屋さんはとっても元気が良くて、そこでイチオシされていたのが、このEMMY THE GREATでした。
日本ではまだ全然ノーマークなんですけど、なにが良いって…曲が本当に良いんです!
一筋縄なフォークとは違う、フォークの新しい感じというか、アヴァン・フォークというか・・・
最近、イギリスの若手ミュージシャンの間ではフォーク・ミュージックが流行り始めてるんですよ。
実は彼女、FATBOY SLIMがやっているTHE BPAというプロジェクトでも歌っていたり、LIGHTSPEED CHAMPIONというフォークシンガーの男の子の作品に参加していたりと、注目株ではあります。
ジャケットだけ見ると、どんなパンクな女の子だろうという感じなんですけど、実際に音を聞くと、とてもフォーキーで美しい声なんです。
歌詞も凄く面白くて、今回ご紹介した「FIRST LOVE」の歌詞では初めての恋人の話をしてるんですが、
”壊れたカセットテープから流れてるのは、オリジナルはレナード・コーエンのハレルヤで…”
みたいなストーリーがあったり、
他にも「MIA」という曲があって、これは彼氏と別れる曲なんですが、
”あなたは私の大好きなシンガーが、エム・アイ・エーと呼べばいいのかのミアと呼べばいいのか教えてくれた人…”
…という感じで、とても身近でリアリティのある歌詞が面白いですよね。

EMMY THE GREATのアルバム『FIRST LOVE』、海外では既にインディーズレーベルから2月9日にリリースされてるんですけど、おそらく日本でも輸入盤で購入出来るかと思いますので、皆さん是非聞いてみてください!

妹沢奈美(せざわなみ)

'71年、鳥取県出身。現代美術史を学ぶため英国留学中にロックやダンス・ミュージックに出会い、早稲田大学第一文学部卒業後は音楽雑誌の編集部に入る。
その後フリーとなり、雑誌などの取材記事やライナーノーツなど執筆活動を続ける。
これまでに取材したUKミュージシャンはオアシス、コールドプレイ、アークティック・モンキーズ、ザ・リバティーンズ、モグワイ、ブライト・アイズなど多数。