LOW feat.T-PAIN / FLO RIDA

本日のレコメンは、15日に発売される、業界内話題騒然!丸屋九兵衛 著「音楽誌が書かないゴシップ無法痴態」の表紙の裏にも表にも出てきているUNCLE LUKEさんにちなんで、フロリダの話をしましょう。
フロリダと言えばベースミュージック、いわゆるベースものが有名ですよね、2 Live Crewとか、テンポは早めで、歌詞はお下劣で、めちゃめちゃ盛り上がり系の音楽。
でも、そういうのって真面目なHIP HOPファンには結構評判悪かったりするんですが、音楽としては非常に面白いと思うんですよ。
実際のところ、アフリカ・バンバータあたりもピコピコ電子サウンドをそのままやり続けているようなところがあって、結構HIP HOPの快感原則に忠実な感じもするので、今もT-PAINとかトリック・ダディとかいろんな人が出てきて盛り上がっていますし、ここら辺は是非今、取り上げておきたいなということで・・・
今回は、今年注目の新人!フロリダ出身のFLO RIDA(フロー・ライダー)さんをご紹介します。
FLO RIDAの今ヒットしてる『LOW』という曲。
これはフィーチャリングT-PAINなんですけど、全米シングルチャート4週連続1位!
アメリカでデジタルダウンロード数が一週間で47万件と、これはなんと新記録なんだそうで、フロリダのノリの良さが全米を侵食しつつありますね。
個人的には、FLO RIDAの左肩に入っているジミヘンの刺青らしきものが、凄く気になるんですが。ジミヘンは偉大ですけど、なぜギタリストでもないのにジミヘンなんだろうと。
…それに刺青ヘタなんですよ。ジミヘンにあんまり見えないのが凄く残念です。。。
ちなみにyahooニュースでは、なぜか「フロ・リダ」さんと書かれてしまったんですが、フロリダ出身の「FLO RIDA(フロー・ライダー)」さんですからね。皆さんお間違いなく!

丸屋九兵衛(まるやきゅうべえ)

牡羊座、血液型不明。一応、京都府出身。
早稲田大学第一文学部卒業。
浪人はしていないが、卒業までに5年かかる。
理由は勉強が好きだったから。
専門は文化人類学もどき。卒業論文はヴードゥー教関連。
1994年10月にbmr(BLACK MUSIC REVIEW)編集部に入る。
現在の肩書きは「編集マネージャー」意味は不明。
内職で早川書房の『SFマガジン』にてスター・トレック連載を執筆。
免許・資格は皆無。機械にはめっぽう弱い。