おやすみ / 松たか子

今日のテーマはズバリ「歌う女優たち」 例えばこんな人達がいます。
柴咲コウさん、松たか子さん、綾瀬はるかさん、原田知世さん、長澤まさみさん、沢尻エリカさん。
皆さん歌が上手いですよね。ですが、それだけではないだろうということで!「歌う女優たち」について僕なりに分析してみました。かなり亀田個人の思い入れも入りますが(笑)
なんと言っても彼女たちの魅力はナチュラルな木綿感覚の歌声だと思うんですよ。
コテコテじゃなく、さらりとしている。
歌う女優さんたちには、シンガーソングライターとしての"業"とか"性"みたいな背負うものがないので、歌声がさらりと飛び込んでくる。
この軽さが彼女たちの本業である女優としての存在感を逆に際立たせているんじゃないか、と。
僕が思うに歌う女優さんたちは、器用に歌が上手かったり、歌詞や曲を書きました みたいにシンガーソングライター化しないほうがいいと思うんですよ。
例えば有名プロデューサーや有名アーティストにプロデュースされちゃう、という感じで。
産みの苦しみとか、そういう創作活動から一歩引いたところで、さらりと木綿感覚で歌うというところに彼女たちの魅力があるんじゃないかなと思うんです。
映画や舞台、ドラマなどで見せない彼女たちの素顔みたいなのが、ナチュラルな木綿感覚の声から聞けると僕たちは思わずドキッとしてしまう。
だからこそ女優を本業として歌う方には上手すぎないでほしいし、ましてやR&B風味のフェイクとか絶対しないでほしいんですよ。これが精一杯ですって感じが良いんです!
そんな歌う女優の代表として本日ご紹介したいのは、コンスタントにリリース活動をなさっている松たか子さんです。彼女の木綿っぷりを是非聞いてみてください。

そして今後、僕が一番歌ってもらいたいと願う女優さんは…宮崎あおいさん!
「海でのはなし。」というスピッツの楽曲から膨らませていった映画がありまして、そこで彼女が歩きながらスピッツのロビンソンをワンフレーズだけ軽く口ずさむシーンがあるんですけど、その瞬間、鳥肌がたつほど超木綿でした!!
これで彼女が歌ってくれたらどうなるんだろう。。。と妄想をかきたてられるくらい(笑)

これは、いよいよ亀田プロデュースで、宮崎あおいデビュー間近!?期待してます!!

亀田誠治(かめだせいじ)

日本音楽界稀代のプロデューサー、椎名林檎、スピッツ、平井堅、アンジェラ・アキ、Chara、SOPHIA、175R、松千など、手掛けたアーティストは数知れず。
2004年夏から椎名林檎らと「東京事変」を結成。
アーティストとしても活動中。
makotoya : SEIJI KAMEDA Official Website