DELIVER ME / ROBERT RANDOLPH AND THE FAMILY BAND

本日はスペシャル・レコメンゲスト、スガシカオさんが登場!!
スガさんの春の激押し1枚を持ってきてもらいました。

ROBERT RANDOLPH AND THE FAMILY BANDという、今、世界で一番くどいんじゃないかというバンドなんですけど(笑)
彼らはペダル・スティールという楽器を操って、70年代っぽいソウルとかファンクみたいなことをやってるんですが、ペダル・スティールって僕らはあんまり馴染みがないじゃないですか。
でもアメリカではパイプオルガンの代わりにペダル・スティールを使うことがあるらしくて、そのスティール・ギターを主役にすえたゴスペル音楽は「セイクリッド・スティール(聖なるスティール)」って呼ばれているんです。
で、彼らはニュージャージーのペダル・スティールを使った教会でゴスペルの演奏をしてたらしいんですよ。
ちょうど今、CMでかかっている「HOP STEP DIVE」という曲を作っていた時にソロの部分をペダル・スティールでやろうということになって、ギタリストの方にペダル・スティールを弾いてもらったんですが、その時にどれだけペダル・スティールが難しいかというのを目の当たりにしました。
ギターみたいに簡単に早弾きとかできないんですよね。
指には専用のスライド・バーをつけてるし、チューニングも全然違うし、だから早弾きをしようと思うと物凄いテクニックがいるんです。
それを目の当たりにしていて、その直後にこのROBERT RANDOLPHと出会ったわけですよ。
だから彼がやっていることがどのくらい凄いか。。。もう寒気しちゃったんです!
ペダル・スティールっていうのは、ハワイアンとかカントリーミュージックなんかでよく使われていて、使い方としては、長い音符を緩やかに使うのが大体のパターンなんですよね。
決して早弾きをするためのものじゃないんですよ。
それを彼らはあえてやっているという・・・一体何のためにやってるんだ!?という気がしますけど。
でも彼らの曲を聞いた時に、これがペダル・スティールなのか!という驚きでまずひっくり返っちゃったんですよね。
彼らの曲をよく聞いてると、長い音符でキーボードみたいに弾く時は本来のペダル・スティールの弾き方で弾いていて、凄く上手に使い分けてるんです。
ペダル・スティールの良さをわかってるなと思いますね。
とにかくイントロからこのグルーヴをペダル・スティールで出せるのは凄いとしか言いようがありません!
今回ご紹介するのはアルバム『COLORBLIND』から「DELIVER ME」という曲です。
是非皆さんも聞いてみてこのグルーヴに痺れちゃってください!!



スガシカオ

☆特別レコメンゲスト

初のベスト・アルバム「ALL SINGLES BEST」絶賛発売中!!


Suga Shikao Official Website