LOVE / JUNE

先週に引き続き10月からのニューフェイス、"ふくりゅう" さん初レコメン!!

今回は初登場・第一回ということもあって、新人で今年No.1のJ-POP界のブライテストホープ「JUNE」のデビューシングルを持ってきました。
例えるなら、マイケル・ジャクソンmeets宇多田ヒカルって感じですね。
ちなみに生まれは韓国のソウルなんですが、韓国ではまだリリースしたことがなくサウンド的にも韓流という感じではないんですよ。
彼の日本でのデビューのきっかけは、日本のR&Bのパイオニア、プロデューサーの松尾KC潔さんが手にした一本のデモテープがきっかけだったそうで、そのデモテープに入っていたのが、MUSIQ(元:MUSIQ SOULCHILD)の名曲、J-WAVEリスナーの方もご存知の方が多いと思うんですが「LOVE」という曲をカバーして歌っていたと。
これを聞いて松尾さんはそのボーカルにJ-POPの未来を見たと、凄い熱く語って日本でのデビューが決まったそうなんです。
なんていったって松尾さんは平井堅・ケミストリーを有名にした男ですからね!
男性ボーカルをプロデュースさせたらNo.1の方だと思うので今後が非常に楽しみです。
まだ19歳のJUNEなんですけど、めちゃくちゃ歌がうまいんですよ。
このボーカルの高音っぷり、フェイクのうまさはなかなか出せないんじゃないかなというくらい凄く本格的なんです。
声から伝わる感情の細やかな動きとか、そういうところを注目してもらえればと思います。
ということで、今回は歌のうまさがわかりやすく伝わる曲を持ってきました。
日本デビューのきっかけにもなった曲、デビューシングルの3曲目に収録されているMUSIQのカバーである「LOVE」。
スタートから3分37秒、ちょっと時間かかるんですが、そこでボーカルが炸裂するので、そこまで正座しながら聞いて待っててもらえればと思います。

ふくりゅう

音楽文化コンシェルジュ。1976年東京都生まれ、30歳。
キラリと輝くポップな要素を持つ音楽であれば、時代、洋邦、メジャー&インディーズを超えてオール・ジャンル何でも好む。アーティストのアーリー・サポーターになるのが趣味。
お仕事では、音楽WEBサイト『Yahoo!ミュージック』の外部プロデューサー、音楽カルチャー雑誌『BARFOUT!』のエディター、コンピCD企画『authentica』プロジェクトのオーガナイザー。BOφWYのオフィシャルWEBサイト『BOφWY HUNT』のエディター。各種クラブ・イベントでのDJ。その他、メディアへの寄稿、構成、企画、出演等いろいろやってます。

音楽コンシェルジュ☆ふくりゅうのYahoo!ミュージック日記