HALLELUJAH / JEFF BUCKLEY

本日は特別レコメンゲスト、宇多田ヒカルさんが登場!!

今回このレコメンのコーナーをするということになって、好きな歌が多くて悩んだんだけど…本当に聞かせたい曲をと思って、ここに来る途中にCD屋さんで買ってきたの。
ということで私が紹介するのは、JEFF BUCKLEYのGRACEというアルバムの中の「HALLELUJAH」という歌です。
これはレナード・コーエンのカバー曲なんですよね。
2年くらい前にディレクターさんが「最近このCDにハマッてて、凄く良いから聞いてみてよ。一人の男が小さなカフェみたいな所でギター1本でやってるんだけどさ。」って言われてJEFF BUCKLEYのライブ盤をもらって聞いたら「なんだこの人!凄い!!」って思って、その後このGRACEというアルバムを買ったら、もう両方ヘビーローテーションになっちゃって。
私がその音楽を好きになる理由って、作ってる人とか歌手の心の底から出来てるもので、○○っぽく作ったとか、なにかの真似っぽいこととかそういう軽い感じが苦手で「ちょこざいな!」って感じがするのね。
売れ線とか、最近こういうのが流行ってるからとかっていうのがウザくて、こんな曲やめてよ!とか思っちゃうの。
JEFF BUCKLEYは、彼しか出来ないものを彼がどんなに辛くても自分の底から出して見せてたっていうその生き様自体に好きになっちゃう感じ。
で、なぜカバー曲の「HALLELUJAH」を選んだのかと言うと…
彼は作詞・作曲も凄くて、もちろん彼が自分で作って歌ってる他の歌も大好きなんだけど、なんかやっぱり自分の好きな曲をカバーすると歌手としての自分に専念できるって、私自身よくわかるのね。
そんな彼がたぶん自分で凄い好きだから選んだんだろうと思うこのHALLELUJAHっていう歌を歌っている彼の歌声が、一番こういう歌手なんだっていうのがわかる。
カバー曲だと自分の歌手としての面が全面的に出るっていう、それが気持ち良くて私もレナード・コーエンの元曲は知らないんだけど、JEFF BUCKLEYのHALLELUJAHをカバーした感じでよく観覧者が入ってるテレビの収録の合間に歌うのね。
だって、ただ黙って突っ立ってるのもみんなせっかく来てくれたのに勿体ないじゃない?
ちょっと話をしたりするんだけど、それでもまだ時間があったらアカペラで適当に好きな歌を歌うの。
最近はずっとこのHALLELUJAHを歌う癖がついちゃって。
アカペラってあんまりやる機会ないし、HALLELUJAHってアカペラで歌っても主旋律が本当美しいから、歌一本でたっちゃうのでちょうどその場に向いてるんです。
ということで、今回私がレコメン紹介するJEFF BUCKLEYの「HALLELUJAH」
曲も好きだし、JEFF BUCKLEYのボーカルがあまりに良すぎてもう昇天!!
本当に「ハレルヤ!」みたいなそんな素晴らしい曲なので、皆さんも是非聞いてみてくださいね。

宇多田ヒカル

☆特別レコメンゲスト

NEW ALBUM「ULTRA BLUE」 6.14リリース

Hikki's WEBSITE