YOU ARE THE GENERATION THAT BOUGHT MORE SHOES AND YOU GET WHAT YOU DESERVE / JOHNNY BOY

今日はすっかり夏日和ということで…夏と言えば日本に世界中のアーティストが何百組も集まる季節になるわけでして、ロック人間としてはそろそろ夏のフェスティバルを考える時期になってきましたよね♪
今日ご紹介するアーティストも日本で開催される大型フェスティバルの一つ、サマーソニックに出演が決定しています。
とにかく今回のサマソニは世界的に見ても凄すぎるラインナップになっています。
その中でもとにかく私がイチオシなのが…JOHNNY BOYです!
彼らのことを知ってる方はまだ少ないと思うのでプロフィールを説明しますと、イギリス出身の30代おそらく後半かと思われる男女の2人組パンクデュオです。
プライマルスクリームのような、フィルスペクターのような、ザ・クラッシュのような、キラキラした物凄いパンクバンドなんです。
これは聞いてもらわないと全然わかんないと思うんですけど。
彼らはこのサマソニが初来日で、東京の会場だと8月12日(土)マウンテンステージの一番最初に出ると思うので早起きしないと見逃してしまいますよ。
うちの雑誌スヌーザーでも2年くらい前からずっと追いかけてるバンドなのですが、ようやく7月に日本盤のアルバムが出るんです。
その彼らの初ライブをサマーソニックで見るのはもう絶対に激マストですね!

唐沢真佐子(からさわまさこ)

音楽雑誌『スヌーザー』編集部/1975年生
短大在学時より、音楽系フリーペーパーなどで執筆を始める。
同時期に、現在の編集長である田中宗一郎と出会い、97年の『スヌーザー』創刊より同誌の編集、及びライターとして携わる(現在『スヌーザー』は隔月刊で通巻45号まで発行)。
その間、数百に及ぶ国内外のアーティストへの取材を行っている。
主にアメリカ、イギリスを中心とした80年代後半以降のオルタナティヴ・ミュージック、ギター・ロック、ハード・コア・パンクといったジャンルに特に明るい。
また2000年代以降は新人アーティストの紹介も積極的に行っている。
また、同じく海外アーティストの作品のライナーノーツなども多数執筆。