RIGHT HER RIGHT NOW / ABHISHEK BACHCHAN

今回はインドで今一番流行っている音楽を紹介します。
題して、「インドの石原良純・ラップに挑戦!」(笑)
ABHISHEK BACHCHANという俳優さんなんですけど、彼の父親がAMITABH BACHCHANという70年代から活躍しているインドでNo.1の俳優さんなんですね。
インドの映画には必ず出ているので、顔を見ればわかる人もいるんじゃないでしょうか。
彼は政界にもデビューしたりしていて、その息子がABHISHEK BACHCHANということで…家系的に石原良純と重なる部分があると思いませんか?
彼は長い間、親の七光り俳優と言われてしまっていて…実際、演技も踊りも上手くないんです。
インドで踊りが踊れないってことはダメなんですよ。
でも最近はヒップホップ風のあまり上手くなくても踊れるようなスタイルを自分なりに開発して、やっと最近父親とは違う個性を発揮してきているんです。
今年に入って公開された『bluffmaster!』という映画は彼の魅力が詰まっていて、とてもおもしろかったですね。
そしてこの映画のヒロインの女優さんは2000年のミス・ワールドに選ばれた人で、とても綺麗なんですよ。
踊りを踊らせると、前から風が吹いてビヨンセそっくりで扇風機ナシでは踊らないぞ!という感じですが…でもよく考えたら、前から風っていうのはインド発の手法なんですよね。
だからビヨンセの方がこのインド映画の手法を真似してるんですよ!…というちょっとしたトリビアでした(笑)
で、インドの俳優さんというのは基本的に歌は歌わず吹き替えで上手い歌手が歌うんですけど、これに関しては実はABHISHEK BACHCHANの父親も自分で時々歌っていまして、息子も父親を超えるために初めてR&Bとラップに挑戦したんです!
二代目 BACHCHAN、父親に追いつき追い越せということで、これで真価が問われるわけですね!

サラーム海上(うながみ)

アフリカ、中近東など、第3国のHOUSE,HIPHOP TECHNOシーンにめっぽう詳しいツワモノライター。
大学卒業後、音楽ソフト販売、フランス留学、2年半の放浪、インディーズ系レコード会社、クラブ運営会社を経て「よろず風物ライター」としてTVブロス、ソトコト、STUDIO VOICE、MUSIC MAGAZINE、流行通信、フィガロ、PEN、SWITCH、POP ASIAなど連載多数。