THE SONG / STAN

今回は「今年来そうなやつ頼みます!」というプレッシャーがきましたので、気合い入れてレコメンしますよ!
本日紹介するのは、STANというバンドです。
硬質なスリーピースバンドで、こんなバンド待ってました!という感じです。
エッジとグルーヴの両方がせめぎ合う感じだったり、ジャムっぽい曲作りの荒削りなところがあるかと思えば、エモ的な様式美でボーカルワークが盛り上がっていったりと、一曲の中で聞き所満載なんですよ。
硬質な感じというと、ブランキージェットシティ、ミッシェルガンエレファント、ブラフマン、モーサム・トーンベンダーとか日本のロックシーンに必ず指定席があると思うんですけども、このSTANはその次の指定席を狙っているんではないかと。
将来的にはロッキング・オン・ジャパンさんで二万字インタビューとか出ちゃうんじゃないかと予感させるバンドですね。
先ほど挙げた諸先輩達は革ジャンが似合って、まさにロック!という感じのルックスをしていらっしゃるじゃないですか。
ところがこのSTAN、去年のフジロックの時の写真を見たのですが、下北とかにいる隣のお兄ちゃんというルックスをしていて、そこが逆に今時っぽいんじゃないかなと。
革ジャン着てキメている感じではなく、意外とルックス的には脱力系で、これが2006年モードかなという風に自分では思ってます。
見た目は脱力、でも音は硬質で骨っぽい超ラウドロック!!
2006年、今年は来ると断言します!!

亀田誠治(かめだせいじ)

日本音楽界稀代のプロデューサー、椎名林檎、スピッツ、平井堅、SOPHIA、堂本剛、DO AS INFINITY、FLOWなど、手掛けたアーティストは数知れず。
2004年夏から椎名林檎らと「東京事変」を結成。
アーティストとしても活動中。
makotoya : SEIJI KAMEDA Official Website