RODEO / JUVENILE

本日紹介するのはJUVENILEです。
昨年8月末のハリケーン上陸から4ヶ月半ほど経ちますが、ニューオリンズの復興を願いましてニューオリンズを代表するラッパーを紹介したいと思います。
JUVENILEことテリアス・グレイさん(30歳)既婚で、4人の子持ちだそうです。
名前のJUVENILEは未成年者っていう意味なんですが、有名になった時点で24歳だったので全然JUVENILEではないんですけどね。
彼はニューオリンズのマグノリア・プロジェクト出身で、かつてはアスベストの除去作業員をやっていたんです。
ちょっと体の方が心配ですよね。
彼は声に凄く特徴がありまして、本人曰く50代半ばの渋い声だそうです!
90年代からヒット曲をいろいろ出していて、中でも一番ヒットした「HA」というタイトルの曲が有名ですね。
そして今日紹介するのは3月に出るアルバムからの曲「RODEO」です。
これはストリップについての曲なんですよ。ストリッパー賛歌なんです。
「もっと俺に見せてくれ」という、俺はストリップが大好きだ!という曲なんですけど。
しかし、PVはストリッパー達にも日常生活があって、大学に通ってバイトでやってる娘もいれば、シングルマザーで子供を育ててる人もいるという、ほんわかドキュメンタリーになってるんですよ。
なのに、そこに金歯むき出しでギラギラとラップするJUVENILEが出てきて、もう穏やかなムードがぶち壊しになるという…。
でも曲はメロウで穏やかで優しいですから、是非聞いていただきたいと思います。

丸屋九兵衛(まるやきゅうべえ)

牡羊座、血液型不明。一応、京都府出身。
早稲田大学第一文学部卒業。
浪人はしていないが、卒業までに5年かかる。
理由は勉強が好きだったから。
専門は文化人類学もどき。卒業論文はヴードゥー教関連。
1994年10月にbmr(BLACK MUSIC REVIEW)編集部に入る。
現在の肩書きは「編集マネージャー」意味は不明。
内職で早川書房の『SFマガジン』にて隔月連載。
免許・資格は皆無。機械にはめっぽう弱い。