YOU GOT NERVE FEATURING SNOOP DOGG / Charlie Wilson

これまで私が紹介してきたアーティストは20代、いっても30代のアーティストでしたが、今回ググッと年齢を上げて50代のCharlie Wilsonです。
この名前を聞いてパッとわかりますかね?
Snoop Doggの「Signs」にJustin Timberlakeと一緒にフィチャーされていた、GAP BANDのボーカリストです。
GAP BANDは67年結成で、一番売れたのが「Outstanding」という曲です。
73年頃にデビューしていて79〜80年代後半が絶頂期という、ファンクバンドにしてはやや遅咲きのバンドです。
基準はよく分からないのですが、世界で最もサンプリングされたアーティストらしいです。
確かにサンプリングをいろんなところでやられていますね。
Black Streetなんかはこれの替え歌みたいなの歌ってましたからね。
多くのラッパーにも愛されていて、Snoopにいたっては”uncle Charlie”と慕っているようです。
まぁSnoopにかかると、uncleかnephewになっちゃうんですけどね。
”nephew EMINEM”って、EMINEMまで甥っ子かい!ってね。
こんな風に敬愛されてるアーティストなんですが、今回アルバムタイトルがすごいんですよ。
「Charlie, last name Wilson」
どうやっても名前を覚えてもらいたいと。
「My name is Joe」みたいですよね。
このCharlie Wilsonさんの特徴を言うと、Stevie Wonder系のうわずった様な歌唱法でシャウトした様な感じです。

丸屋九兵衛(まるやきゅうべえ)

牡羊座、血液型不明。一応、京都府出身。
早稲田大学第一文学部卒業。
浪人はしていないが、卒業までに5年かかる。
理由は勉強が好きだったから。
専門は文化人類学もどき。卒業論文はヴードゥー教関連。
1994年10月にbmr(BLACK MUSIC REVIEW)編集部に入る。
現在の肩書きは「編集マネージャー」意味は不明。
内職で早川書房の『SFマガジン』にて隔月連載。
免許・資格は皆無。機械にはめっぽう弱い。