Kesariya / midival punditz

たまには二の線で決めます!
<インドのケミカルブラザーズ><イケ面DJユニット>の”midival punditz”をご紹介します。
今回このアルバムで世界デビューを果たすことになりました。
彼らは27歳ぐらいのDJユニットで、元々ケミカルやProdigyをかけていたらしんですが、自分たちのサウンドを追求していくうちインドのミュージシャン達といっしょにやるようになって、ブレイクビーツやドラムンベースなんかを吸収していったようです。
アメリカに住んでいるインド人のアーティストが彼らを呼んだ時に、どうせ長髪で髭で上半身裸みたいな人が来るんだろうと思っていたらしく、いざ現れてみるとイケ面な感じの二人が登場!なんて話もあります。
今回のこのアルバムは、ノラ・ジョーンズのお姉さんにあたる”アヌーシュカ・シャンカール”など、インドではかなりVIP系のミュージシャンが参加していて、生音の度合いも高いものになっています。
去年の暮れインドへ行った時に、インドの”News Week”とか”AERA”なんかにあたる『India Today』という雑誌の”2005年を占うインド人”が50人ぐらい選ばれる特集を読んだんですが、midival punditzが35位にランクイン!
渋い順位ですが(笑)。
1位はシャマラン監督とかなんですが、ミュージシャンとしてランクインしているのは彼らだけなんです。
インドからこういうのが出て来たって事が面白いですよね。
4月22日には、日本語盤が発売予定です。
midival punditz・公式ページ

サラーム海上(うながみ)

アフリカ、中近東など、第3国のHOUSE,HIPHOP TECHNOシーンにめっぽう詳しいツワモノライター。
大学卒業後、音楽ソフト販売、フランス留学、2年半の放浪、インディーズ系レコード会社、クラブ運営会社を経て「よろず風物ライター」としてTVブロス、ソトコト、STUDIO VOICE、MUSIC MAGAZINE、流行通信、フィガロ、PEN、SWITCH、POP ASIAなど連載多数。
「CHEZ SALAM サラームの家」