J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

STORY

2021.01.02

タレントの松尾貴史さん

++ Introduction ++

昨年7月から8月にかけて著書『ニッポンの違和感』の出版、
ウェブサイトの復活、You Tubeの本格始動、折り顔の展覧会など
多岐にわたって活動を始めたタレントの松尾貴史さん。

『ニッポンの違和感』ではコロナ禍にまつわる
なぜ夜の街ばかりターゲットにされるのかなど、
“違和感”についても綴っています。

この“違和感”を覚えた時には
長いものに巻かれるのではなく疑うことが大切とのこと。

『常に違和感は抱いていて良いと思うんですよ。
けど抱いた時に、偉い人、新聞、テレビなどが言っていたから、
ということでそのまま流されてしまわないで、
他の違和感を抱いている人と共有することをして
人との繋がりを確保していくことが大事なんじゃないかな。
違和感というのは共感だと思っています。』

大きな報道などを目にした時に
情報を鵜呑みにしないで
一度正しいかどうか、自分自身で考えてみる。
その行動が後に振り返ると
間違った選択に進まないことに繋がると
お話ししてくださいました。

昨年8月から本格化したYou Tubeチャンネル、
「松尾貴史のデペイズマンショウ」では
『ニッポンの違和感』の朗読風モノマネ動画のほか、
様々な企画を配信されています。

YouTubeでは、自分発で企画を考案して実際にできるので、
仕事とはストレスの質が違うと感じるとのこと。

『人間はどんなことをやっていても
死ぬまでストレスがかかり続けます。
今かかっているストレスと別のものを求めるのが人間です。
言われてやっている仕事のストレスと自分発のストレスと、
両方交互にやっているとバランスが取れるんですよね。』



++ Until now ++

大阪芸術大学デザイン学科を卒業された松尾さん。

『先生が自主制作でアニメーションを作っていて、
オノマトペで音声を当ててくれないかと言われて…
それが初出演ですね。ギャラをもらったのはそれが初めてです』。

その後、校内でジャズ研究会の司会をしたりする中、
スターウォーズのヨーダのモデルにもなった映像学科の依田先生に
松尾さんの喋りが面白かったことを目に着けられ、
録音して人に配りなさいと言われたことから
当時音声だけのコントも流行っていたこともあり
カセットテープに録音して配って遊んでいたとか。

学生時代にクラブDJの見習いとしてアルバイトしていた所に
一番最初に所属することになった事務所の方が遊びに来ていて、
たまたま、その音声のテープを渡したところ
所属してなかったにも関わらず勝手に各局に送られ
すぐにラジオの帯番組が決まったことがキャリアのスタート。

『そのラジオをやっている時に
地下のバーに連れて行ってもらったんですね。
そこで俳優の原田芳雄さんと知り合いまして、
「お腹空いたら、うちに遊びにおいで。
何か食べさせてあげるから」と言われて、
本当にお腹が空くのを待って電話をかけたんですよね。
そうしたら映画界のすごいスターの方が宴会をしていて、
そこでいろいろ教えていただいたり
相談に乗ってもらったりということが、
芳雄さんが亡くなるまでずっと続きましたね』。

++ Right now ++

2009年、下北沢にカレー屋「般゜若」をオープン。
スパイスを取るとことは漢方を摂取することと一緒で、
そこに健康に良い野菜などを入れれば
体にいい美味しいカレーができる。
さらに麦ご飯やバスマティライスに変えることで
健康増進にもなるのでオススメとのこと。

また折り紙の手法を使ったアート作品「折り顔」の作家としては、
昨年、展覧会を開催し作品集も出版されました。

顔を折るのが得意な名人の方からの指導に始まり
俳優の仕事を経た後、顔を折ってみよう思ったとか。

『顔って80億人いて、
全部順番も決まっているのにみんな違うんですよね。
だから顔は一つの宇宙だという風に思いまして、
表情を紙で手捻りみたいにして作り上げる。
僕の折り顔は行き当たりばったりで作っていくんです。
折り方としてはそんなに複雑なものはないんですよ。
手で捻って造詣をしていくっていうことが
なんか楽しくて終わりません』。



++ From now on ++

2021年4月16日に公開予定の映画、
山田洋次監督による『キネマの神様』に出演。

菅田将暉さん演じる主人公の青年ゴウが
助監督から監督へ昇格する過程を描く作品で
ベテラン映画カメラマンの役を演じているとのこと。

『菅田さん扮するゴウが歳をとった後、
志村けんさんが演じるはずだったんですけど、、、
その思いを引き継いで沢田研二さんが
その役をなさることになっています』。

コロナウイルスの状況も刻一刻と変化して
夏には東京オリンピックも開催される予定ですが、
松尾さんが考える2021年の日本は・・・

『偉い人が自助を強調して共助や公助をスローガンにしていますが、
各々が知恵を振り絞って行くしかないのかな。
オリンピックもやることを前提に逆算して
あらゆる条件を組まれているということがあるので、
安全第一で決定して欲しいと思うんですけど不安はあります。
とにかく自分たちで工夫して頼らない意識は
持たないといけないなという風に思いますね』。

ON AIR LIST

  • THE CAPTAIN IS DRUNK / JACK JOHNSON
  • HONEY / ROOK MONROE
  • YOU ONLY LIVE TWICE / NANCY SINATRA
  • ANOTHER ONE / SAM SMITH

ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME