J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

STORY

2019.11.09

タベアルキスト、「味の手帖」取締役編集顧問のマッキー牧元さん

++ Introduction ++

立ち食いそばから割烹、フレンチやエスニック、スイーツに居酒屋まで、
全国を食べ歩いてさまざまなメディアにコラムを書いている
タベアルキストのマッキー牧元さん。

ここ最近のお薦め店を3軒伺ったところ・・・
まずは赤坂にある出雲料理の店「がっしょ 出雲」。
荒波の中で命をかけて摘み取り、本来は出雲神社の神様に献上される
とても高価な岩海苔「十六島(うっぷるい)海苔」を包んだおにぎりは
噛んだ瞬間に海の中に放り出されるような感じとか。

続いては藤沢にある四川料理店「茶馬燕(ちゃーまーえん)」。
四川や周辺の少数民族に伝わる発酵調味料を使った「トマト鍋」は
トマトを塩水と米の研ぎ汁と漬物のつけ汁を合わせて発酵さて
トマトの旨味が深まって乳酸菌発酵の酸味が合わさった出汁を
ベースにした鍋で中に入れるのは野菜類とナマズ。
一癖も二癖もある酸味と旨味と辛味が相まってとても美味とのこと。

そして3軒目は銀座にある「厲家菜」。
こちらは西太后が食べていた食事を再現している中国料理店で
マッキーさんのお薦めは裏メニューの「もつ煮」。
タン、レバー、ハツ、腎臓、腸などそれぞれをばらばらに適切に煮て
炊き合わせた料理でそれぞれの食感、香り、鉄分、脂の甘味が活きていて
質のいい淡い味が絶品だということです。

お店の情報を得る為にあらゆる媒体をチェックしているそうですが、
最も信頼しているのは全国にいるメンターからの情報で
一番確実性が高いとか。

マッキーさんにとって“美味しい”の定義は・・・

『料理は作っている人がいるので、その人の誠実な考えが出ていて、
食材への敬意が表れているところに僕は惹かれるんですよね。
その料理の向こうに必ず人がいるので、その人の考えや哲学とか愛情が
伝わるものを感じた時にこの料理や人は凄いなと思います』。


++ Until now ++

ある日、小学5年生の時の日記が出てきたというマッキーさん…
その中に一際大きく赤字で書かれていたのが
“たまには食べ物以外のことを書きましょう”という先生からの文章。
見返してみたら毎日、給食や夕食の感想など食べ物のことばかりで、
高校生の時には「高校生でも行ける銀座のいい店」というガイドブックを
作って友達にも重宝されたそうです。

前職はレコード会社に勤務していたことからアーティストや事務所の人と
会食する機会がとても多く、そこで食べ歩きの土台が作られたとか。
現在の仕事に転職するきっかけについてマッキーさんは・・・

『50歳を過ぎた辺りから3つのことを考えて…
自分が本当に好きだったものは何か? 自分が得意なのは何か?
自分の子供たちにこういうことをしたよと言えるものがあるか?
振り返ってみてこれは食べることと書くことじゃないかと思って
会社を辞めたのが2012年ですね』。

食べ歩いて苦労するのは体調維持と体重管理ということですが、
美味しい食事を通じて年齢や肩書きを問わずいろいろな人と出会えて
会社時代よりも明らかに人脈が増えたそうです。

++ Right now ++

料理することも大好きというマッキーさんは某レコード会社のフェスで
アーティスト用のケータリングを300人前作ることもあるそうで、
ここ最近、そういったイベントで作っているのは麻婆豆腐とボロネーゼと
四川風田舎焼きそばの3品を作ることが多いとか。

『ボロネーゼのこだわりは牛挽き肉で挽き方の粗さは8.5ミリ、
ゴロっとした感じがボロネーゼを食べた時の噛み締め感として
美味しいんですよね』。

ポテトサラダの研究をライフワークに掲げているマッキーさんに
あえて「マカロニサラダ」のお薦め店を伺ったところ・・・
人形町にある洋食屋「そよいち」はゲッツという植物性オイルで作った
自家製マヨネーズとポークソテーの汁が混ざりあった感じが美味しいとか。
中野にあるバー「ブリック」は何故かマカロニがぺちゃんこに潰れていて
フニャフニャな食感とマヨネーズに練り辛子が入った味付けが美味とのこと。




++ From now on ++

今後の食のトレンドについて一番面白いと感じているのがビーガン料理。

『日本人のビーガンは増えないと思うんですけど一つのトレンドとして
ビーガン料理を食べることが良いことだとかカッコいいという意味合いで
面白いレストランが増えて欲しいと思っています』。

ご自身の夢についてマッキーさんは・・・

『いろいろな美味しいを理解し合える人たちを育てようと思って
コミュニティサロンをやっているんですけど、美味しいということが
先走り過ぎていると思うんですよね。美味しいは二の次であって、
それをどうやって美味しく食べるかとか誰と食べたら一番美味しいか
ということのほうが人間の社会生活の中では大事だと思うんですよね。
それとその美味しいの背景を知るということです。
その3つをきちんと伝えて共有する仲間を増やしていきたいと思います』。

ON AIR LIST

  • DON’T KNOW WHY / NORAH JONES
  • GIVE ME THE NIGHT / GEORGE BENSON
  • DESPERADO / DIANA KRALL
  • THE LONGEST TIME / BILLY JOEL

ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME