J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

STORY

2019.09.28

俳優の大野拓朗さん

++ Introduction ++

2009年、「ミスター立教」に選ばれたのをきっかけに芸能界入りし、
翌2010年に俳優デビュー。以降、映画、テレビドラマ、CMを中心に
活躍されている大野拓朗さん。最近までNHKでオンエアされていたドラマ、
「ベビーシッター・ギン!」では英国淑女風に女装した主役を演じました。

『その直前まで「西郷どん」で人斬り半次郎という幕末で一番強かった
人斬りの役を演じていて男でしかなかった中でその衣装合わせに行った時は
顔つきが男だったので“なんか違うな”と思いながら眉毛を細くしたり
表情の作り方を変えたりしてやっと女性っぽくなれたかなと』。

以前、蜷川幸雄さん演出のオールメールシリーズという
キャストが全員男性というシェイクスピアの「ベニスの商人」で
女性役を演じた時に歌舞伎役者の市川猿之助さんに女性の仕草や歩き方、
肩幅を狭く見せる技を教わったことがあり、
今回のドラマはミュージカル風の演出ということもあり苦労したそうです。

『女性はダンスに関しては特に女性らしい踊りをするじゃないですか。
それこそラインや回転の仕方、首の角度などは難しかったですね。
普通のお芝居の仕草をする時よりも一番苦労したのはダンスでした』。

この程、所属事務所を退所してニューヨークへ語学留学する大野さん・・・

『いつかは英語を喋れるようになりたいと思いながら30歳になってしまい…
最近は海外で仕事をする機会も増えて昨年末も南極に一ヶ月間行きましたが、
現地の外国人スタッフと話をする時に全然喋れなかったのが悔しすぎて。
今ここで行かなかったら一生英語を喋れないまま終わってしまうと思ったのが
一番大きなきっかけと理由でアメリカ行きを決めました。

超楽しみですよ。
合わなかったとしても僕はどこでも生きていけると思っていて
逆に合わないことも楽しめると思うし辛い思いもしたいし、
器の大きな人になりたいと思っています。
行き先はニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンで悩みましたが、
ミュージカルを観られるし歌やダンスの勉強ができて本場の英語も学べる
ということからニューヨークを選びました』。

留学の期間はひとまず一年間で、語学学校に通いながらレッスンを受けて
オーディションにも挑戦したいとのこと。



++ Until now ++

環境問題に興味をもつようになったきっかけは小学生の頃に観た
ペンギン親子のドキュメンタリー番組という大野さん・・・

『南極の基地が風化して地球温暖化で雪が溶け出して、
人々が捨てた粗大ゴミや鉄線などが剥き出しになってしまった中で
親ペンギンはそれを越えられるけど子供ペンギンは越えられず
親とはぐれて子供が死んでしまうというドキュメンタリーを大号泣しながら
観て以来、“このペンギンを救いたい”と思って生きてきました。
そういう仕事に繋がるように勉強していこうと思っていた中で
実際に現地に行って環境保護の行動をすることも一つの手段ですが、
自分が発信力、発言力のある人間になって多くの人を巻き込んで
この状況を伝えて一緒に取り組むことでもっと大きな力になって
その問題に関われると思ったので、今はいい仕事ができていると思います』。

大学生の時に「ミスター立教」に選ばれたことがきっかけで芸能活動を始め
俳優、モデルとして活躍してきたてこれまでの10年間はご自身のことで
精一杯で他のことに目を向ける余裕も無かったという大野さん。
30歳になってこれからの人生はもっと大きくいろいろな視野をもって
生きて行きたいという思いから一大決心してアメリカ行きを決め、
これからはいろいろなチャレンジをしたいということです。

++ Right now ++

とにかく仕事が大好きでプライベートは必要無いという大野さん。
基本的に充電期間は必要ですが仕事と関係無い充電にはならないとか。


『旅行に行ってもこんなことをしてていいのかなと思いますし、
映画を観たり、ジムで体を鍛えれば全てが仕事に繋がりますからね。
仕事で追い詰められたらとにかく寝ます。
僕は基本的に滅茶苦茶ポジティブなので寝たら復活します。
ウジウジしているのは勿体ないですし、苦しいことで悩みたくないですから』。




++ From now on ++

目指す夢は大きく“ハリウッドスター”!

『ハリウッドのミュージカル映画に出演できたら最高に幸せですね。
基本的には映像が好きなので、
「グレイテスト・ショーマン」みたいな作品を
演りたいですね。夢でしかないですが
基本的にポジティブ馬鹿なので』。

10年後のビジョンについて大野さんは・・・

『僕は役者として“エンターテイナー”でありたいということが目標で、
僕を見てくださった皆さんに元気や勇気を与えたり、笑顔になれる
と言っていただけるような役者になりたいと思ってやってきました。
これから増々勉強して修行してもっと力をつけてミュージカルや映像で
いろいろな役どころの顔を見せて、“この人ってなんて面白いんだろう”
と言われる役者になりたいですし、
10年後には少しでもそれに近づけるよう
頑張りたいですね。ヒュー・ジャックマンみたいな人になりたいです』。

ON AIR LIST

  • PLAYING GAMES / ANNA OF THE NORTH
  • SO GOOD / AUSTIN MAHONE
  • A MILLION DREAMS / THE GREATEST SHOWMAN
  • WHO SAYS / JOHN MAYER

ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME