J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

STORY

2019.04.06

俳優の田中哲司さん

++ Introduction ++

映画、ドラマ、舞台、CM、ナレーションなど様々な分野で才能を発揮し、
つい最近もNHK連続テレビ小説『まんぷく』でヒールながらも人間味のある
役どころを演じた俳優の田中哲司さん。
出演作についてはあまり自分の好みは出さずにオーファーが来たものから
順番に選んでいるそうで、
その際にはとにかく覚えるのが大変なので台詞の量を
確認するそうです。

『台詞の覚え方は皆さんいろいろだと思いますが僕が辿り着いたのは
“歩きながら覚える”という方法です。
台本を縮小コピーして持って
ブツブツ言いながら街を歩くと滅茶苦茶入るんですよ。
多分何かをしながらというのが脳にすごくいいのだと思うんですけど、
ガーっと集中してというより周りの景色も見ながら覚えているという感じですね。
散歩が好きなので散歩しながら台詞が入るというは一番いいなと思っています』。

名バイプレーヤーと称される田中さんが演技をする上で考えているのは
その作品全体の中で自分の役がどのような立場かということ。
そして事前に何パターンか考えてから現場に臨み、
監督に言われること全てを100パーセント演技できるように努力しているそうで、
そのためにも台詞は完璧に覚えるようにしているそうです。

『台詞を覚えるのが第一です。
相性や慣れとかで相手役の方と上手く台詞が噛み合わない時には
なるべく相手の方に合わせようとしますが、向こうの方も“この人やりずらい”と
感じていると思うんですけど、それはお互い様だと思います。
相手役の人と息が合った演技ができた時が多分一番楽しい時かな。
そのためにやっているみたいな』。



++ Until now ++

実家は造園業を営んでいて、三重県の山の近くの田舎で育ったという田中さんは
俳優の仕事をしていることは全く想像していなかったそうで、
今でも3回に1回は向いてないと思うとか。

日大芸術学部演劇学科に入学された田中さんは当時について・・・

『なぜ受けたのかの記憶があまり無いんですよ。
何となくフワっとした役者への興味が
あったんだと思うんですけど、なりたいというわけではなくて。
けど、そこに入ったから続けるしかないということで今もやっている感じです。
大学の発表会があって自分たちで自主で一本の舞台を作って上演したんですけど、
僕は演劇の演技コースだったので役者で出たところ先生に褒められたんです。
“いい声してる”とか“立ち姿がいい”とか、そういう単純なところですよ。
向いているんじゃないかってその時に勘違いしちゃったんですね』。

20代の頃には向いてないから役者を辞めようと思ったこともあったそうですが、
大学まで行かせてもらって親にも申し訳なく、方針を変えられなかったとか。
当時は仕事が欲しくて
画面に写りたかったという田中さんは他人の作品を見ては
“俺のほうが上手くやれる”といった感じでガツガツしていたそう。

影響を受けたのは小林薫さん、橋爪功さん、緒形拳さんなどの先輩たち。

『高校生の時に山田太一さんの「ふぞろいの林檎たち」というテレビドラマがあって
小林薫さんが不器用で口数の少ない格好いい男の役をやっていたんですよ。
こういう役者さんいいなぁと憧れていましたね、その頃から』。

++ Right now ++

実家の造園業を手伝っていたことも影響して趣味はガーデニングという田中さんは
バラ、オリーブ、木蓮、桜などの好きな植物を鉢植えで育てていて、
『バルコニーなのであまり大きくしないように育てるのが難しいですし、
ガーデニングはとにかく虫がすごいです。放っておくと3〜4匹くっついていて。
僕は見つけるのも本当に上手くて、糞を見るんですよ。
地べたを見ると糞が落ちているから虫がいるなと。大きさも分かるんですよ。
バラは病気もすごく多いので、それをクリアして花が咲いた時は本当に嬉しくて
癒やされますね』。

そして今、特に楽しい時間は・・・

『古い車に乗っているんですね。1970年代の日産スカイライン「ハコスカ」。
それが大好きで現場にも行きますしハコスカを運転している時が一番幸せですね。
会社の車ではなくて自分の趣味も兼ねて行けるというのがすごくいいです。
でも今は何よりも育児が大変で双子なので。可愛いですけど大変さもすごいですね。
最近、離乳食を食べるようになって
ウンチが変わってきたというだけでも嬉しくて』。



++ From now on ++

このところヒール役が続いているので今後は優しい役を演じたいという田中さん。
設定としては昭和初期の時代物が好きで、そういう作品では思いっ切り演じられて
燃えるそうです。

今後の目標、展望については・・・

『バルコニーでの完璧なガーデニングですかね。今はいろいろ作っている最中で
生け垣とかも作っているんですね。自分が好きなものを植えていこうと思って、
それが今途中で、多分木が育って完成するのが10年後くらいかなと。
常緑で目隠しになる木で、僕が欲しいフェアリーマグノリアのクリームが
どこを探しても無いんですよ。その道のプロの人にも聞いたけど無くて。
だから小さい苗から育てようと思っていて。20年かかるかな』。

6月公開予定の田中さんが出演されている映画「新聞記者」は
新聞記者が国家権力と戦う内容。
田中さんは新聞記者を権力で抑えていく政府側のかなり悪い役を演じています。

ON AIR LIST

  • YOUNG AMERICANS / DAVID BOWIE
  • STAY / LISA LOEB
  • 明日以外すべて燃やせ / 東京スカパラダイスオーケストラ FEAT.宮本浩次
  • CLOSER / CORINNE BAILEY RAE

ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME