J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

イチカワカオスモス

2020.10.17

リスナーからのメールをご紹介!

リスナーの皆さんから送っていただいたメールをご紹介しました。
9月26日の放送でゲスト出演していただいた
大阪大学准教授で音楽学の研究者、輪島裕介さんの回の感想から・・・

『演歌という言葉が70年代に生まれたこと、
輪島さんのお話を聞いてびっくりでした。
10代の頃はハードロックなどを聴いて
日本歌謡や演歌などには全く興味はありませんでしたが、
最近は番組などで流れていると
歌詞や独特な歌い方に興味を持つ年齢になりました』。

演歌の歌詞の世界は確かに私も好きです。
特におじさんが女性になりきって歌う
か弱い乙女心ってありますよね。
それが私、好きです。
あと演歌をあまり聴かれない人に
ぜひ島津亜矢さんの曲を聴いていただきたい!
素晴らしいです。

『輪島さん、最近は薪割りを楽しんでいるとのことですが、
薪を割る音も含めて楽しんでいるのではと思いました。
規則的に薪を破る音、心が落ち着きそうです。
最近はASMRなどが流行ですが、
市川さんが心が落ち着く音はなんですか?』

私はミョウガを切る音が好きです。
段があって硬さがあってみずみずしさを感じる
あのシャシャシャシャシャーっていう音が好きです。
いつも無駄にミョウガを細かく切ったりします。
あとは犬が歩く時の爪がフローリングに当たる
チャカチャカという音が好きです。

そして、一番落ち着く音は鉄道車両のブレーキの緩解音。
ブレーキがリリースされるハーっていう音なんですが、
特に相模鉄道の9000系の音はすごく好きです。
心落ち着きたい方はぜひ聞いてみてください。

イチカワカオスモス
ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME