J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

イチカワカオスモス

2018.08.11

「スペースインベーダー」のVRアトラクション体験

今回は、「スペースインベーダー」のVRアトラクション体験のお話です。

ゲーム会社「タイトー」が1978年に発売した
「スペースインベーダー」は
画面の上から現れるインベーダーの攻撃を避けながら撃ち落とす
シューティング・ゲームで、社会現象を起こしましたが、
もちかしたら今では、若いリスナーの方は聞いたことはあるけど、
プレイしたことがない方も増えているのでしょうか。
私の世代まではゲームボーイや専用のキーホルダーでプレイしたことがあるのは
確かだと思います。

その「スペースインベーダー」が今年、40周年を迎えていまして
様々なイベントが行われています。
私が体験したのは名古屋の郊外にある「ラグーナテンボス」という
テーマパークの中にある「アルキンベーダー」というアトラクションで、
仮想現実空間にいて、まるでスペースインベーダーの世界に
入り込んだようなゲームです。

真っ暗な広めの部屋をヴァーチャル・フィールドにして
光で投影されたインベーダーの大群がやって来ます。
そして、壁や床に投影されて動くボールを足で触ると
ボールがインベーダーの方に飛んでいって、
当たると撃ち落とすことができます。
制限時間内に撃ち落としたインベーダーの数が
スコアになって表示されて・・・。

一度に最大10人までプレイできて、ちょっとスポーツ感覚ですが、
壁一面と眼下に映像が広がるので、本当にそのデジタル空間に
降り立ったような感覚でした。
本当にゲームに入り込んだ気分で楽しくて、
周りの知らない子供たちに負けないテンションでした。

ここの施設には他にも
「スペースインベーダー」をベースにしたゲームがあって
またテンションが上ったのが、
「スペースインベーダー・ギガマックス」という
巨大インベーダーゲーム・・・
これは「ラグーナテンボス」の中にある神殿みたいな建物の壁に
プロジェクション・マッピングで
ゲーム画面を映してプレイするというものです。
高さ14メートル、幅33メートルもあって本当に巨大な画面で、
しかも、川をはさんで向かいの特設会場でプレイするので
異次元のスケールでインベーダーゲームができます。
ゲームボーイでチマチマとプレイしていた少女・市川はここには居ないです。
攻めてくるインベーダーを大迫力で撃ち落とすことができました。

これは今年1月に六本木ヒルズで開催された
「スペースインベーダー展」で展示されて好評だったものが
さらにスケール・アップして常設の施設となったものです。
テーマパーク内にはプールなどもあって夏休みにぴったりだと思います。
ぜひ、名古屋に行ってみてください。

イチカワカオスモス
ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME