J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

イチカワカオスモス

2018.07.28

物流の歴史を資料や、模型で学べる!「物流博物館」

今回は、市川お気に入り!模型の博物館のお話

今日のキーワードである模型が観られる「物流博物館」は
品川駅から徒歩で10分もかからない所にあって、
江戸時代から昭和までの物流の歴史が紹介されています。

物流に関するありとあらゆる資料が揃っている博物館で
主に日本通運が所有している写真や文書の資料から
各時代の制服、運搬のための道具などなど。
飛脚屋の看板やスケジュール表、
ダンボールが存在する前の梱包技術の展示とか
とても興味深かったです。

そして、佐川急便、日本通運、日本郵便、ヤマト運輸など
物流会社のドライバーの制服が沢山あって着ることができます。
私はJR貨物の運転手の制服を選びました。
制服は働く人が便利なように工夫されている部分を探すのも楽しいですが・・・
地味ですね。

一番のお薦めは地下にある巨大な模型。
現代の東京の物流ルートを再現しているジオラマで
トラックターミナル、鉄道貨物ターミナル、港、空港など
東京の物流の鍵となる陸・海・空各地のスポットを迫力の1/150スケールで
一気に見渡すことができます。
このジオラマの列車、乗用車、港湾設備、クレーンなどは
全てが動いて大興奮です。

東京の物流については余り脚光を浴びることがなく、気付かないと思いますが、
黒子みたいに動いている物流はとてもかっこいいと思います。
物流の仕組みを楽しみながら学習できるので
ぜひ、夏休みに行ってみてください。

イチカワカオスモス
ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME