J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

イチカワカオスモス

2018.07.07

地図をテーマにしたマンガ「ジグソークーソー 空想地図研究会」

今回は「地図をテーマにしたマンガ」の話。

「ほぼ日のアースボール」は世界の色々な国々の文化や歴史、
そして、地図や地理そのものに興味をもつのにも良い入り口だな〜
と感じて、さらにハードルの低い入り口を紹介したいなと思いまして・・・
高枡ナヲキさんの「ジグソークーソー 空想地図研究会」というマンガです。

これは東京の地図を題材にしたユニークなテーマのもので、
高校で地図サークルの立ち上げを目指す少年少女の活動を通じて
現代の日本にある地理の不思議を物語仕立てで紐解いて行く学園コメディで
変則的な学園ミステリーと言えばいいのかな。
コメディパートは正直好き嫌いが分かれるかもしれないですけど、
地理にまつわるミステリーパートはとても面白かったです。

ミステリーと言っても殺人やトリックが出てくる訳ではなく
高校生の極々日常的な謎がテーマになっていて、
例えば地名の謎の真相を見つけたり、
旧道の入り組みから歴史を探ったりとか・・・
実は地図にはこんなにも情報が詰まっているんだと感心します。

例えば何故、「江戸川橋」は江戸川区に無いのかとか、
その江戸川区には何故か「中川」という川が3つもあり
しかも、「旧中川」と「新中川」は場所が離れていて、
そもそも、江戸川区は川で土地が縦に分断されているのに
南北を連絡する電車が通っていないとか・・・
何でなんだろう?みたいなチョッと地理的豆知識も散りばめられています。

皆さんの近所にも不思議な道や変わった地形などが在るかもしれませんが、
その見方が変わって、東京の区画整理の複雑さや面倒さなど
チョッと色々な事情があるんだなと思えるようなマンガなので、
ぜひぜひ、地図好き、地理好きの方に手にとって欲しいです。

「ほぼ日のアースボール」開発チームのリーダー、古謝将史さんは
地球儀で丸いからこそ
「AR」の技術を使うことに意義があると話されていましたが、
普通の地図にも情報や歴史がたくさん詰まっているので、
チョッとそういう地図の「AR」も見てみたいなぁと思いました。

イチカワカオスモス
ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME