J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

イチカワカオスモス

2018.04.07

地形図の革新的な改訂!

今日は、「地図」のお話。
カオスモスのコーナーは革新的なものを話すという趣旨だったんですよね。
いつもちょっと何となく気になっていたことをぼんやりと話していたんですけど。
今夜こそ、革新的ですよ。地図の話なんですけど、私、地図見るのが大好きで、
その中で地形図が好きなんですよ!
その中でも最近、国土地理院の地形図の改訂がとても革新的だなと思って、
そちらを紹介します。
国土地理院の地形図は、日本国土の基本情報であって、
明治初期まで歴史が遡るわけなんですけど、新たな試みをしています。
対象は2万5千分の1の地形図なんですが、
ここは、他の地形図の基本になるものなので、
他の縮尺も、このまま修正されて反映されていくと思います。
革新的な改訂の部分は、登山道なんですよ。
これまでは職員が実際に山に登って崩落や工事で通れなくなった、
変更になった箇所を確認していたんですけど、
やっぱり、追いつかなくなってしまい、
なので今回、国土地理院は一般の登山者たちのスマートフォンで、
GPSで取得した移動経路の記録を活用し、新しい修正作業を実践したんですよ。
自分が歩いた登山経路を記録してる登山情報サイトの
会員の情報を使ったんですれども、地形図の修正に、
ビックデータを使うのは初めてで、
従来、地図の測量は国家資格を持った測量士が行ってきたんですけども、
それとは無関係な人が測量に携わるので、
その仕組みが大きく変わるわけですよね。
誰もが伊能忠敬感が私は熱いなと思っていまして、
登山三年ほどしていないですけど、
私、地形図を見るのが、ただただ大好きなので、
すごく楽しんですよ、こういう改訂は。
なので、皆さんもね、地形図好きな人は見てください。
と言いながら、地形図好きな人ってちょっと玄人っぽいので、
ここで一個ふんわりした地図情報を足します。
ストリートビューならぬドックビュー。なんですが、
これGoogleと秋田犬の発祥の地である秋田県大館市が企画し実現したものです。
秋田犬の背中に全方位撮影可能な小型カメラを取り付けて撮影して、
犬目線のストリートビューがあるんですよ。
場所は限られていて、大館駅前の忠犬ハチ公の像だったりとか、
秋田犬ふれあい処、何個かの山沿いの道の雪景色だったりとか、
神社とか温泉あたりなんですけどね、目線ぐるっと回せるわけですよね。
ストリートビューだから。
そうすると、あの背中も、モッフモフのあの尻尾がみえて、たまらないです。
本当に可愛い。ドックビューの案内役は三匹いるんですけど、
「アッコ」と「飛鳥」と「ぷーこ」らしいのですけど、
彼らは、負担にならないように配慮して撮影したそうですが。
このメイキングの映像も公開されていて、大変可愛らしいので、
皆さんも見てください。雪の中を駆け巡ります。
秋田犬を散歩している気分になるのか、自分が秋田犬になった気分になるのかは、
多分、その日の心理状況の違いなのかな。
そういうバロメーターとして見ても面白いかもしれません。

イチカワカオスモス
ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME