J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

イチカワカオスモス

2018.03.17

東京、「神田」という街

今日は、市川の好きな街で、
地名や風土に対する誇りが高い「神田」についてのお話。
オフィス街のイメージが強い神田だと思うんですけど、
よく見ると、その古いものと新しいものが混在するすごい歴史が厚い場所で、
一皮剥くと濃い個性を持った街たちが集結して、
結構ユニークな発展をしている場所が、実に面白いんですね。
で、例えば、最新技術が集まったビルがあれば、趣味人の心が躍る個人店とか、
サラリーマンたちお墨付きのグルメがあったり、神田明神とか、
私の好きな立体交差から見る鉄道景観…なんか本当、江戸、明治、大正、昭和時代、
全部の街並みの歴史が、ちょっと層を捲ると見えるのが神田で、
すごく好きなんですよ。私も学生の頃からよく言って、
初めての一人暮らしも神田神保町なんですけど、
こんなに愛してやまない神田エリアなんですけど、
何年経っても、実は制覇しきれなくて、それはなぜかというと
地図を見ると一目瞭然なんですよ。神田エリアって番地がすごく複雑なんですよ。
というのは、千代田区神田〇〇って付く場所が28か所もあるんですよ。
その中で、神田鍛冶町は3丁目しかないとか、本当に混乱するんですよね。
あの、神田が付かないただの鍛冶町もありますし、
で、例えば昭和通りの東側のガードしたの一角だけが、神田平河町とか、
わざわざ二つに分ける必要がないほど狭い神田紺屋町と、神田東紺屋町とか。
なんかね、本当に地名がややこしいんですよ。
で、何度か合併しようとしても住民の人たちが自分たちの神田〇〇町に対する
ものすごい誇りとプライドがあって、合併を拒んで拒んで、それで
神田〇〇って、あの地域だけすごい複雑なんですよ。
で、最近さらに複雑になったのが、実は今年に入って2つ増えました。
元々、猿楽町だったのと三崎町なのが、神田猿楽町と神田三崎町になった、
というのは復活なんですよ。
これも元々、神田が付いていたのが、神田がなくなって、
でも住民の人たちが50年経って、それでも「神田を返してくれ!」ということで、
2018年1月から神田復活、神田冠復活ということでね、
それで28になったんですけれど。
まぁ今、神田に住んでいないのに、
こんなに語ってるのは恥ずかしながらやっているわけですけれど、
神田猿楽町、そして神田三崎町、出来立てホヤホヤの表札が今見られるので
興味ある方はぜひ散歩して、あの迷子になるのが楽しい街なので神田は。
ぜひ、行ってみてください。

イチカワカオスモス
ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME