J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

イチカワカオスモス

2018.03.10

グルメマンガ「紺田照の合法レシピ」歴史マンガ「へうげもの」

今日は、グルメマンガと歴史マンガの話。
私が2年前ぐらいから読んでいるのは、
「紺田照の合法レシピ」というものなんですけれど、
これは、配信サイト少年マガジンRで2015年から連載されているものなんですが、
「極道」と「学園」と「美食」を組み合わせたグルメマンガになります。
内容は、 指定暴力団「霜降肉組」に所属する男子高校生の紺田照が
極道ならではの考え方とか言い回しで料理を作っていく料理マンガですね。
例えば、ささみ明太子のシソのはさみ揚げのレシピとかは、
「大葉は合法ハーブの中でもとびきり最高だー!」っていう
極道ジョークをカマしてくれるんですよ。
でも、その大葉の裏側に触れると香りが飛んじゃうから触れないように
というちゃんとした料理の行程もキチンと描きますし、
素材の特徴とかもきっちり説明してくれるので、
知識が裏付けされているので、見ていて勉強にもなるし、
あのくだらない感じがいいんですよ。
そして、クックパッドで公式チャンネルがあります。
この「紺田照の合法レシピ」を実際に作ってみたというのがあがっているので、
それで私、あん肝の押し寿司を作ってみたんですが、美味しかったです。
ちょっとダイエットどこへやら?という感じなんですけれども、
実はドラマ化も実写化も予定されていまして、
もう少しでAmazonプライムで始まるんですけど、
監督を務めるのが、宝来忠昭さんで、
「孤独のグルメ」と「女くどき飯」の監督を務め、結構美食妄想ドラマ、
とてもとてもキレイに撮られる方なので、ちょっと楽しみにしています。

そして、歴史物なんですけれども、これもちょっとタイムリーというんですかね?
私の大好きな「へうげもの」。
こちら山田芳裕先生の作品で、2005年に連載が始まって、
去年の11月末に終わったばかりで、12年間ずっと続いて、
私結構、なくなって喪失感を味わっているところなんですが、
お話は、古田織部の生涯を描いたギャグマンガで、
古田織部は千利休の弟子で、このマンガのうまいところは、
本当の歴史好きな人物とその出来事を
うまいぐらいのファンタジーといいますか、想像を妄想で膨らませて、
それが絶妙で、千利休もイメージでは凜とした感じの文化人の走りですけれど、
結構極道っぽい感じで、実際に大男でっていうリアルなところとか、
一番のオススメは、もしかしたら単行本そのものの作りかもしれないですけれど、
千利休と織部の教えでいいますと、無駄を省くという考えが
皆さん知っていると思うんですけど、本の装丁が無駄をすごい省いているんですよ。
マンガってだいたい開けると白いページがあって、
で、表紙がもう一回写っているページがあったり
目次があったりするじゃないですか。
ないんですよ!もうめくったらマンガが始まる!というところに
こだわりが詰まっている作品なので、まだ見てない方、完結しているからこそ、
今読むべきというところもあると思うので、ぜひ手にとってみてください。

イチカワカオスモス
ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME