J-WAVE 81.3 FM
SATURDAY 21:00 - 21:54

イチカワカオスモス

2017.10.28

つけ麺のように食べるハンバーグ

今日は、ハンバーグのお話。
そもそもなんでハンバーグが好きなのか?
ハンバーグの魅力を語りたいと思うのですが、
ハンバーグの食べ歩きを始めたキッカケは、
ハンバーグっていうものはマズイものはないと信じているんですね。
ある程度の合格ラインを達していて、
その平均値が高いハンバーグの1位はすごいんじゃないかな、というその予想から
食べ歩きを始めて、もう日本中100店以上行っているんですが。
やっぱり1位はない!って結論を早くも見つけました。
もう殿堂入りとか1位とか安易なものはないと思っていて、
色んなジャンル・種類の1位を探しているところが今なんですが、
その中で一番革新的なハンバーグを話すと、
東京に「榎本ハンバーグ研究所」というお店があって、その名前がいいですよね!
研究しているわけですから。ここにある革新的なメニューで
「初代しるばーぐ」というものがあるんですね。
見た目は、つけ麺セットみたいな感じなんだけど、
おダシがあって、ハンバーグ、海苔、たまご、メンマなど、
よくラーメンやつけ麺にある具材がご飯の上に乗っています。
それをつけ麺みたいにつけながら食べるんです。
ハンバーグそのものは肉肉しくて、触るとジューっと肉汁が出るんですけど、
別々も美味しいけれど、やっぱ一緒になった時のシナジーはすごいです、本当に。
これは「しるばーぐ」として食べるものなんだっていう、
こんな斬新な進化系・革新ハンバーグがあるんだと思うんですよ。
それ以外にも「榎本ハンバーグ研究所」はテイクアウト専用メニューで、
「ご飯★バーグ」ってあるんですけど、
これはハンバーグの中にご飯が入っているんですよ、ゴロンと。
これはなかなか初めてな感じで、食感が同時に食べるから面白いんですけど、
手軽に食べられますし、斬新だなと思いました。
色んなアイディアがあるお店なので、この革新的なハンバーグがある
「榎本ハンバーグ研究所」注目してほしいです。

イチカワカオスモス
ARCHIVE

MESSAGE TO STUDIO

メッセージを希望する方は、
下のボタンから専用フォームにて送信ください。

メッセージを送る
  • TRUME

INSTAGRAM

HOME