2017/04/02 西麻布で癒される<湯治場>体験リポート!

春は体が目覚めて、デトックスにぴったりの季節。
西麻布の住宅街に湯治を体験できるスポットがあるということで、
ナビゲーター・レイチェルが体験してきました!

▼湯治とは
観光目的の温泉地めぐりとは違い、
一定期間温泉地に滞在し、本来持っている自然治癒力を高めて
病気や怪我の治癒に役立てるような温泉療法のこと。

▼西麻布「ルフロ」
日本昔ながらの蒸し風呂がテーマ。
館内着のまま、男女や家族連れ、
裸の公共文化に慣れていない外国人にも気に入ってもらえている。

▼岩盤浴との違い
普段足りていない良質なミネラルを蒸気で体全体に吸引できる。

▼体温
湯治場を実際に体験する前に体温を測定し、
体験ごとの体温の違いを感じることができる。
体温が1度上がると体の免疫細胞が4倍・5倍に高まる。
36.3度だったレイチェルの体温は、体験後38.9度まで上昇!

▼体験の様子
・温泉地の薬石の上に横たわる。
・温泉の塊のような蒸気が充満。
それを体に吸い込む"気体のサプリメント"
・室温は42度ほど。湿度は80%。

<プレゼント>
THERMOS真空断熱ケータイマグ
(カラーは、パステルブルー、ピンクホワイト)