EVERY SATURDAY
8:00 - 12:00

VOLVO
DESIGN YOUR LIFE

9:10 - 9:40

家族やライフスタイルを大切にする“SWEDISH THINKING”のスピリットと
個性的なゲストの共通点を探る30分間
コーヒー&スウィーツをいただきながら愉しむFikaでおもてなし

BACK NUMBER

2019.4.27

鈴木桃子

東京都出身。3月14日生まれ。魚座 A型。

幼少期に通算8年間ワシントンD.C.とニューヨークで過ごす。高校生の頃よりバンドで歌いながらプロのミュージシャンを夢見る。
大学生の時にライブハウスで歌っていたところを某音楽事務所にスカウトされ、その関係で北代桃子名義でアニメ『バツ&テリー』や『シティハンター』の挿入歌を歌い作詞を手がける。


大学卒業後、某外資系広告代理店に就職するもライブ活動を続けていたところ再びスカウトされミュージシャンの道へ。会社に在籍しながら1989年にワーナーミュージックより、MOMOKO名義でアルバム「How I Wish」でデビュー。『OL兼業歌手』として話題を呼ぶ。以後1枚のクリスマスアルバム、2枚のシングルをリリース。


その後退社して、1993年に渋谷系クラブユニットCOSA NOSTRAのボーカルとして本格的に音楽活動を開始。1993年から2000年までの間にシングル11枚、アルバム10枚をリリース。1996年にリリースしたシングル「GIRL TALK」はJ-WAVEの年間チャート1位を獲得。同曲リミックス盤はUKでもリリースされる。多数のテレビCMや番組に楽曲が使用され注目を集める。

2000年出産を機にCOSA NOSTRAを脱退後、2001年より鈴木桃子としてのソロ活動をスタート。シングル「With Your Kisses」、アルバム「Happiness」「Makin' Music Makin' Love」、そしてミニアルバム『Endless Summer』をリリース。

自身の活動以外にもフィーチャリングボーカルとして多数のコンピレーションやアーティストの作品にも参加。
ソングライターとしても和田アキ子、CHAR、DJ HASEBE、PUFFY吉村由美、Fantastic Plastic Machineなど多くのアーティストに作詞を主に曲を提供している。

2016年4月以前のサイトはこちら