PARADISO MAIKO ITAI MESSAGE
BLOG PARADISO
PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO ArchivesPARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives PARADISO Archives

UP TO YOU

backnumber

2014.8.29

夏の疲れを癒しに銭湯へおでかけしませんか?
都内でめぐる、今話題のデザイナーズ銭湯をご紹介!
日本が世界に誇る文化・銭湯で、極楽ハッピーフェイス!
最近、都内を中心に「デザイナーズ銭湯」が増えていること、ご存知でしょうか?
「デザイナーズ銭湯」とは、建築家がデザインして、外観や内装、浴室にこだわった銭湯のこと。

今回、その盛り上げの一端を担う、建築家・今井健太郎さんに、お話を伺ってみました。

☆最近「デザイナーズ銭湯」が増えている?
私が銭湯を手がけ始めたのは2000年頃から。徐々に最近仕事が増えてきています。
世の中がデジタル化してきてアナルグ的なもの、昔ながらの古き良きニッポンのイメージを背負っている部分がある空間に少し世の中の興味が行っているというのも、大きな要素だと思います。
今、銭湯がどんどん少なくなっている中で、若い人や暇まで来たことのない方にもアピールするような現代的なデザインと昔ながらの銭湯の良さ、懐かしさ、おもしろさを残して、それをミックスして現代の方にアピールするような空間がいいなと思ってやってます。

☆PARADISOオススメデザイナーズ銭湯!
①光明泉(中目黒)
光明泉については、中目黒の駅前ということで、東京のオシャレなスポットにふさわしいような未来を感じるような、銭湯の新しい形を割合として増やして設計。モダンなイメージで白い空間ですが、真っ白ではなく、木に白を塗装したり、タイルも温かみのあるベージュの白にしたり。
もうひとつ、今まで水タンクがあった場所に露天風呂を新しく設置しました。
都会の中でもすこし外気を楽しめるのでそこがひとつ特徴になっているかなと思います。(今井さん)

光明泉
所在地:東京都目黒区上目黒1-6-1
写真:石橋マサヒロ
ペンキ絵:Gravity Free
設計:今井健太郎建築設計事務所





②ふくの湯(千駄木)
千駄木「ふくの湯」さんは、谷根千の端っこに位置するお店。
神社仏閣が多い土地柄、お風呂に入って「極楽」と発するところからご利益を感じることができる銭湯がおもしろいと思い、「ご利益気分な銭湯」というテーマで設計。
神様をキャラクターとして、週代わりで男女入れ替え制。片方を大黒天の湯、もう片方を弁財天の湯にして名付けて、それぞれの部屋に神様を描き、昔ながらのペンキ絵で富士山が描かれていたり、入口には福助、おかめ、などご利益を感じる日本独特のキャラクターを随所にまぶして配置。
たまたま建物がうまく東西南北に位置していたので、それぞれの方角にいいとされる色をタイル張りに重なるような形で配置しました 。(今井さん)


千駄木ふくの湯
所在地:東京都文京区千駄木5-41-5
写真:石橋マサヒロ
ペンキ絵:丸山清人、中島盛夫
板絵:Gravity Free
設計:今井健太郎建築設計事務所