SAPPORO BEER OTOAJITO

FRIDAY 23:00-23:30 ON AIR クリス・ペプラーがミュージシャンをゲストに迎え、おいしいお酒を片手に音楽ヒストリーを紐解く30分!! メッセージを送る ARCHIVE FACEBOOK TWITTER INSTAGRAM

SAPPORO BEER OTOAJITO FRIDAY 23:00-23:30 ON AIR クリス・ペプラーがミュージシャンをゲストに迎え、おいしいお酒を片手に音楽ヒストリーを紐解く30分!!

  • FACEBOOK
  • TWITTER
  • INSTAGRAM

2021.01.01 ON AIR
シンガーソングライターのiriさんをお迎えしました。
OTOAJITOには初登場のiriさん。
2020年は自分と向き合った1年だったと語りました。
そんなiriさんがギターを弾き始めたきっかけは...

OTOAJITOには初登場のiriさん。
2020年は自分と向き合った1年だったと語りました。
外出自粛のため、自宅で過ごしていると
いろんな事を考える時間があったと言い、
それは、自分の音楽についてだけでなく、
これからの人生についても考えたそうです。

iriさんは神奈川県の逗子育ち。
現在も逗子に住んでいるそうですが、
クリス・ペプラーに、コロナ禍の逗子について尋ねられると、
「逗子は鎌倉とかと比べて、観光客が多い場所ではないので、
 割といつもと変わらない気がします。
 逗子は時間の流れがゆっくりなんですよ。
 だから自分もルーズな性格になっちゃってます、
 逗子のせいなのかは分からないですけど。
 でも、海とか山に囲まれて育つので、
 エネルギーみたいなものは感じますよね。」
と答えました。

iriさんがギターを弾き始めたきっかけは、
iriさんの母親がモーリスのギターを持っていた事。
ギターは我流で弾き始めたそうです。
「今はコードとかちゃんと勉強してるんですか?」
というクリス・ペプラーの問いに、
「一回もしてないです。
 自分の気に入った音で曲を作っちゃうんですけど、
 たまにバンドで演奏した時に
 コードが分からなくなったりします。」と話しました。
存在するか分からないコードを
自分で見つけてギターを弾くのも楽しい、
と話すiriさんにクリス・ペプラーは、
「この人、音楽理論すげえだろうなって思ってる人に限って、
 実はコードを知らないって言う人がいるのよ。
 Joni Mitchellもコードを知らなくて、
 全部我流でやってるんだよ。
 だから、Pat Methenyとか
 Jaco Pastoriusとかスーパーミュージシャンが
 バックで弾くんだよね。普通のミュージシャンだと、
 その我流のコードが分かんないんだよ。」と話しました。

続けてクリス・ペプラーはiriさんに、
フィリピン生まれでロンドン出身のミュージシャン
Beabadoobeeを紹介しました。
「彼女の曲に「Worth It」っていうのがあってカッコいいのよ。
 でも、オープニングのコードが何なのか全然分かんなくて、
 インタビューした時に直接聞いたら、
 本人もコードがわかんないって言ってて、
 実は適当にやってるっていう話になったのね。
 だから良いことなのよ。」と話しました。
iriさんはこの話を聞いて、
「引き続き勉強しないようにします。勉強は嫌いです。」と笑いました。

そんなiriさんが歌を歌いたいと思うようになったきっかけは、
AIさんや久保田利伸さんなど、
ブラックミュージック系のシンガーの曲を聴いた時だそうです。
同じ日本人でこんな声で歌う人がいるのか、
という衝撃があったんだとか。
そして、高校生の頃、Alicia Keysがグラミー賞で
「If I Ain't Got You」を歌う映像を見た時に、
涙を流すほど感動し、
自分でも曲を作って歌いたいと思うようになったそうです。
「歌うことに関して、自分ではどこが一番大事だと思ってる?」
と尋ねるクリス・ペプラー。iriさんは、
「もちろんピッチや声量も大事だと思うんですけど、
 歌詞をリアルに伝えるための表現方法を
 豊かにしていきたいなって思います。」と答えました。

その後、iriさんが最近ハマっているミュージシャンの話へ。
iriさんが挙げたのは、藤井風さん。
藤井さんのインタビューを見て、不思議な雰囲気を感じたそう。
「ミュージシャンとしても素敵だし、
 人間らしさがすごいあるなって思って、魅力的です。」と話しました。
クリス・ペプラーも
「YouTubeとかSNSから出てくる人って面白いよね。
 他と違ったインプットとアウトプットだもんね。」と述べました。

番組後半は、音楽から少し離れて、
iriさんが最近見た映画やドラマの話から始まりました。

「新作はあまりしっくりくるものがなくて、もうすでに見たやつを。
 それこそ『ストレンジャー・シングス』とか
 一回全部見てるんですけど、
 また最初から見たりしてましたね。」と話すiriさん。
もう一作品挙げたのが『ウォーキング・デッド』。
ホラー系の作品は見ると眠れなくなると言うほど苦手だというiriさんですが、
『ウォーキング・デッド』は不思議とハマったそう。
クリス・ペプラーが、
「ゾンビが出てくる作品って感染的な要素もあって、
 ゾンビ作品のブームもあったし、
 今のコロナの状況に対してちょっと予言的だよね。」と話すと、
iriさんも
「”感染”みたいなのが出てくる作品、
 本当に多かったですよね。」と共感していました。

そんなiriさんが、
今まで見たライブで印象に残っているのは、
井上陽水さんのステージ。
井上陽水さんはiriさんの両親が聴いていたり、
「少年時代」を子供の頃に合唱したりなど、
 幼い頃から親しみがあったミュージシャンだっただけに、
 本物を見ることは不思議な体験だったと語りました。
iriさんは井上陽水さんのトリビュートアルバムで
「東へ西へ」をカバーしており、
現代的なアレンジにクリス・ペプラーは
「カッコいいじゃないですか。
 iriちゃんの前回のアルバムも良かったよね。
 セルフプロデュースもやっていて、
 いろんな人が参加しているし、
 良いアルバムだよね。」と話しました。

iriさんは11月25日に配信デジタルシングル
『言えない』をリリースしました。
一緒に楽曲制作をするトラックメーカーとの出会いは、
紹介であったり、iriさんが好きなアーティストの
トラックを作っている人に当たったりと、様々なんだとか。
最近iriさんが好きなトラックメーカーはYaffleさん。
「カッコいいなって思います。
 Yaffleくんも不思議な人ですよね。カワイイ。」
と印象を語りました。

さて、iriさんとのトークは次週:1月8日に続きます。
iriさんの2021年の抱負や地元・逗子への想い、
そして体調管理の方法まで盛りだくさんの内容を予定しています!
クリス・ペプラー×iriさんの”大人”な音楽トーク、お聞き逃しなく!

iriさんに関する情報はこちらから

OMIYA

雪印北海道100 さけるチーズ スモーク味
iriさんが家飲みの時に必ず買うという「さけるチーズ」
間違いなくビールに合う定番の味、最高です!

MUSIC

  • 会いたいわ / iri

  • Hejira / Joni Mitchell

  • Worth It / beabadoobee

  • So Special / AI

  • 帰ろう / 藤井風

  • へでもねーよ / 藤井風

  • Stranger Things
    / Stranger Things OST

  • Main Title Theme Song
    / The Walking Dead Soundtrack

  • いっそ セレナーデ / 井上陽水

  • 少年時代 / 井上陽水

  • 東へ西へ / iri

  • 言えない / iri

  • À l'envers feat. Elia
    / Yaffle

SAPPORO 毎週3名にサッポロ生ビール黒ラベル1ケース350ml×24本入りとステレンス真空サーモタンブラーをプレゼント 毎週3名にサッポロ生ビール黒ラベル1ケース350ml×24本入りとステレンス真空サーモタンブラーをプレゼント SAPPORO