UR LIFESTYLE COLLEGE

2021.10.03

AKB48 横山由依さん

吉岡里帆がナビゲート!
心地よい音楽とともに、より良いライフスタイルを考える
「UR LIFESTYLE COLLEGE」。
より豊かなライフスタイル、より良い生き方とは?
自然とのふれあい、生きた街の音、素敵な本や映画、音楽、
そして、人とのつながり・・・
様々なジャンルのゲストと考えていきます。


ゲストは、AKB48の横山由依さん。
そして後半は「GOOD LIVING COLLEGE」。
今月から毎月1週目は、住生活ジャーナリストの藤原千秋さんにお話を伺います。
今回のテーマは「お家で楽しむハロウィン」です。

横山由依さんは、1992年 京都府生まれ。
2009年に「AKB48 第9期生オーディション」 に合格しデビュー。
その後、2015年12月から2019年3月まで、
AKB48グループの2代目総監督をつとめられました。
また、昨年3月には、YouTubeチャンネル「Yuihan Life」を開設。
幅広く活躍されていらっしゃいます。
そして、今年12月をもってAKB48から卒業することを発表されました。

※今回はAKB48を卒業を発表される前に伺った模様をお送りしました。


京都ご出身の横山由依さん。
幼少期は恥ずかしがり屋の女の子でしたが、
小学校の時にスポーツをやり始めたことをきっかけに、
段々と周りと溶け込めるようになっていきました。

また、幼稚園の頃からエレクトーン、小学校2年生からはドラムを学ばれたそうで、
小さい頃から音楽が身近にあったそうです。

CHEMiSTRYのコンサートを見たことがきっかけで、
ステージの上で夢を与えらえれるような仕事に就きたいと決意。
そこからいろんなオーディションを受けていき、
その中に一つにあったのがAKB48のオーディションだったそうです。
その後、高校生の間に芸能界に入らなければという思いで、
上京を条件にオーディションに参加。
見事9期生オーディションに合格し、AKB48に加入されます。

候補生の頃は地元の高校に通い、アルバイトをしながら京都と東京往復。
毎週末は、夜行バスで東京にいき、週明けには京都に戻って来るという生活を過ごされていました。

そんな下積み時代を経て、AKB48加入後、2015年12月から2019年3月までの
およそ3年3ヶ月、AKB48グループの2代目総監督をつとめられました。
2代目総監督時代を振り返ると、いろんな重圧もあり、苦しかったことも多かったそう。
その中でも周りの支えもあり、自分のできること大事に最後まで総監督を勤められました。


そんな横山由依さんのライフスタイル、
快適に暮らすために心がけていることは「お花を飾ること」。
AKB時代から仲良しの川栄李奈さんが誕生日に花瓶くれたそうで、
その花瓶に季節のお花を飾って楽しまれています。

ご自宅は、木目調の家具が多く、川栄さんからもらった花瓶は
テレビ横の一番目に付きやすいところに。
またオーロラが好きで、本棚にはたくさんのオーロラ写真集があります。

そして、お部屋の一角には電子ドラムがとアコースティックギターが置いてあり、
時間がある時は弾いているそうです!


最近のおうち時間の楽しみ方は、
Netflixを見たり、料理をしたりすること!
昨年のステイホーム期間に韓国ドラマ「愛の不時着」「梨泰院クラス」にハマり、
最近では、「わかっていても」が一押し!
充実したおうち時間を過ごされています。




今回のゲスト、横山由依さんが出演されるミュージカル、
ブランニューオペレッタ『Cape jasmine』が、
10月6日,7日 日本青年館ホールで上演予定です。

是非、こちらもチェックしてみてください!


京都駅 八条口

候補生時代の頃は地元の高校に通い、アルバイトをしながら京都と東京往復。
毎週末は、京都駅 八条口からの夜行バスで東京にいき、
週明けには京都に戻って来るという生活を過ごされていました。

GUEST

住生活ジャーナリスト 藤原千秋さん