BRAIN LABORATORY

20:55 - 21:05

川田十夢さんの好奇心をくすぐる気になる事象を毎回の研究テーマとして特集、
徹底解剖していきます。

2021.07.30
「科学者のレシピ vol.2」guest:仲谷正史(慶應義塾大学環境情報学部准教授)

通りすがりの天才・川田十夢さんの頭の中の最先端をお届けするコーナー。今回のテーマは「科学者のレシピ vol.2」です!今回は慶應義塾大学環境情報学部准教授、研究室「TOUCH LAB」を主宰する仲谷正史さんが登場。「食感のよいレシピ」を紹介いただきました!

触覚研究者の仲谷さん。「私たちの口の中にも、生体触覚センサーが多く存在しています」といいます。
「例えば、歯根膜機械受容器と呼ばれる生体触覚センサーは口の中に運んだ食品の硬さを検知することができます。硬すぎるもの、例えば人間は石を消化できませんから、石を食べてしまうと命の危険があります。口の中の触覚は、命の危険を守る防衛機能として働いています」と仲谷さん。
そういった身体に害をを与えるものを口にしないことで「食べることは、ある種のエンターテイメントとして機能しています」、「拡張現実感としての隠し包丁、アナログな技術かもしれませんが、人間の生活を豊かにする技能と呼んでもよいかなと考えます」と解説いただきました。

ARCHIVES

    BACK TO TOP