大相撲三月場所!

今夜、「SPONAVI」は、
13日、日曜、大阪府立体育館で初日を迎える
大相撲三月場所をピックアップ。


2006年、初場所での、大関・栃東以来、
10年間の長きにわたった、日本出身力士の優勝なしという歴史に
初場所で大関琴奨菊が、やっとピリオドを打ちました。


今場所最大の注目は、その琴奨菊の綱取り。
1998年7月場所の、3代目・若乃花以来の日本人横綱の誕生なるか!?

注目の展望、見どころを、雑誌『相撲』編集長、
山口亜土さんに伺いました!


Q. 今場所、綱取りがかかる大関・琴奨菊、
 初場所は、琴奨菊が、横綱も寄せ付けないような強さで優勝しました。
 急に、見違えるように強くなった理由は何だったんでしょうか?

・一番は迷いがなくなった。負けてもしょうがないと吹っ切れた相撲を
 取りつづけられた。実は、11月の九州場所ぐらいからその兆候はあった。
 ただ、場所中に休場してしまった。


Q. 相撲ファンの多くは、琴奨菊の優勝、綱取りを期待していると思いますが
 実現の可能性、数字で言うと、どのぐらいあると思われますか?

・正直、あまり高くない。25%ぐらいか。
・琴奨菊は、先場所以外、優勝争いをしたことがない。
 大関昇進時も12勝。横綱になる力士は、何度か13勝ぐらいしているもの。
・初場所の優勝後、祝勝会などで超多忙。
 「大坂に入って初場所以来土俵に上がった」と言っていた。けいこ不足が心配。


Q. 山口編集長の綱取り確率25パーセントに、当てはまるパターンは
 琴奨菊が、どういう相撲を取れた時でしょう?

・序盤戦が鍵。琴奨菊はこれまで、下位に取りこぼすことが多かった。
 5日目まで全勝で、いい相撲をとれれば、可能性は出てくる。


Q. 琴奨菊の前に立ちはだかる、優勝候補筆頭というと、
 やはり横綱白鵬という事になりますか?

・実力は白鵬がトップ。
・稀勢の里にも期待したいが、大事な所で固くなる精神面が克服されていない
 

Q. 琴奨菊の綱取りもありますし、今場所も盛り上がりそうですね?

・相撲ブームと言われていますが、注目されているスー女だけではなく、
 最近は男性でも若い人が増えた。しばらく、続くと思います。

Q. 相撲女子は、イケメンだったり、マッチョだったり、
 お気に入りの力士作っていますが、
 若い男子は、相撲のどういう所に魅力感じてるんですか?


・行事ばっかり見て、「足さばきが良い」とか、
 呼び出しの声に注目している人もいて様々。

・うちの雑誌『相撲』でも、グラビアで相撲部屋のお嬢さん同士の対談を
 組むとか、新しいこと結構やってます。機会があったら、手にとって!


今夜は、13日、日曜に初日を迎える大相撲三月場所の見どころを
雑誌『相撲』編集長、山口亜土に伺いました。

ありがとうございました!

2016年3月11日 19:45
?