ウィンブルドン選手権に注目!


今日の「SPONAVI」は、
6月29日、月曜、イギリス、ロンドンのウィンブルドンで開幕する、
テニスのグランドスラム第3戦、ウィンブルドン選手権に注目!

お話を伺ったのは、スポーツライター内田暁さん。


・日本期待の錦織選手、先週のゲリー・ウェバー・オープン準決勝を
 
 左ふくらはぎの痛みで途中棄権しました。
 大きなけがではないという事で、練習再開しているようですが、
 練習を休むと、どのくらい戻すのにかかるものですか?

・錦織選手は芝のコートとの相性は、どうなんですか?

 芝が得意かどうかは、毎回感想が違う。
 「ウィナーを獲りやすい。気持ちいい」という反面、
 武器であるフットワークがターンする時に滑ってしまう。
 やはり滑るので、ボールを追いかける時、加速がつかないことはある。

 錦織選手は芝でも、いつものようにベースラインより前で、さばいて、
 より早いタイミングで打ち、前に出てボレーという展開をしていく。


・芝は強烈なサーブを打つ選手の方が有利と聞きます。
 錦織選手が優勝を狙うには、いかに、いつも通り、ベースラインより前で
 ボールを打てるかという事が鍵になりますか?

 ビッグサーバーに有利は間違いない。相手のサーブが良いと、
 ラリーが続かなくてリズムが取れない。でも、リターンがアウト、
 相手がサーブが通用しないと焦り出す。

 錦織選手のサーブも向上している。1試合だけでなく、大会を通じて
 サーブをキープしていくことが上位進出のカギになる。

・優勝するためには、いろんな壁があると思います。
 グランドスラム制覇のために、現在の錦織選手の一番の課題は何?

 経験。全仏、ツォンガに敗れて、錦織は「自分を見失った。」とコメント。
 完全アウェーの中で、プレッシャーを撥ね退けて勝つための経験。
 ツォンガもトップ5に入っていたことのある選手。経験が上だった。

 グランドスラム、ここ10年ビッグ4以外では数得るほどしか優勝していない。
 一度決勝出たけど、その後、決勝進出していない選手もたくさんいる。
 
 錦織選手はグランスラムベスト4以上は全米が唯一。
 ワウリンカは何度もベスト4ベスト8を経験していた。


今夜は、29日にイギリス、ロンドンで開幕するテニスのウィンブルドン、
日本期待の錦織圭選手について、
スポーツライター、内田暁さんに伺いました。


ありがとうございました!

2015年6月26日 19:45
?