アメリカメジャーリーグ!


今日の「SPONAVI」は、
現地時間4月5日に開幕するアメリカメジャーリーグを取り上げました。

ダルビッシュ有投手が右ひじの手術で今シーズンは見られませんが
ヤンキースの田中将大投手、マリナーズの岩隈久志投手、
マーリンズに移籍したイチロー選手、ジャイアンツに移籍した青木宣親選手と
注目の日本人選手は、まだまだ、たくさんいます。

今シーズンの日本人メジャー選手の見どころ、
先ほど、先月アメリカ各地のキャンプを取材された
スポーツライターの生島淳さんに伺いました。

●ヤンキースの田中将大投手が、野茂、松坂、黒田に続いて
 史上4人目の日本人開幕投手が決まっています。
 去年のひじの故障から、完全復活したと見ていいんでしょうか?

・今シーズン、まずは不安の払しょくが課題。マー君の右ひじは靭帯の
 数パーセントの断裂で軽傷らしいので、ダルビッシュとは違うが、
 いずれ手術が必要と言われている。
 シーズン通して投げられるか。

・ヤンキースは今年厳しい。打線の援護が望めない。
 マー君はシーズン通して投げて、2ケタマークできたら充分。

●サイヤング賞の候補の1人にもあげられる、
 マリナーズ岩隈久志投手はいかがですか?

・マリナーズは優勝候補。ここまで岩隈投手はシーズンを通して投げたことがないが、
 今年彼がローテーションを守れば、ポストシーズンも楽しみ。

●野手では、イチロー選手がマーリンズに移籍。
 青木宣親選手はジャイアンツに移籍しました。
 二人の野手はいかがでしょう?

・イチロー選手は外野手の4番手。レギュラー3人は、
 いずれリーグを代表する選手になるような若手。代打での出場になる。
 今シーズン70本〜80本打てば、来シーズン3000盆安打が見えてくる。
 80本打つには、200打席じゃ足りない。チャンスをものにしていくことを期待したい。

・ジャイアンツは青木選手がスタイルに合っている。出塁率重視、
 状況にあったバッティングが求められる。昨シーズンのロイヤルズよりも合っている。
 ライトの選手がケガをしたのでレギュラー。

●最後にメジャーから帰国して広島カープに復帰した黒田博樹投手の初登板、
 黒田投手の本も書かれている生島さん、広島で取材されたそうですが、
 いかがでした?

・出来は悪かった。それでも7回まで投げるのはさすが。顔で押さえた感じ。

・一番はファンが凄かった。駅から球場まで真っ赤。あれは巡礼。

・黒田投手は何故かいつも援護がないチームで投げる。広島は今打線が弱い。
 監督も何とかしてくれないと、今年も苦労しそう。


今夜は、現地時間4月5日に開幕するアメリカメジャーリーグと
そのMLBから日本球界に復帰した黒田博樹投手の初登板について
スポーツライター、生島淳さんに、お話伺いました。

ありがとうございました!

2015年4月 3日 19:45
?