お正月から熱い、サッカーに注目!


お正月の風物詩、高校サッカーとアギーレ・ジャパン初の公式戦
AFCアジアカップについて、高校サッカーを準々決勝まで取材されて
今はオーストラリアでアジアカップ取材中というサッカージャーナリスト、
後藤健生さんが解説!

まず明日、準決勝2試合が行われる高校サッカーから。
今年の大会ここまでご覧になって、どんな感想をお持ちですか?

・どこが強いのかわからない。接戦が多くてPK戦が多い。
 日本はアマチュアが勝負にこだわる。特に高校サッカーは顕著。
 弱いチームでも守りを固めると40分ハーフでは中々攻めきれない。

ベスト4は神奈川の日大藤沢、石川の星稜、千葉の流通経済大柏、
群馬の前橋育英となりました。

・正直どこが優勝するか全くわからない。
・日大藤沢が一番弱いけど、面白いのも日大藤沢。
 平均点は劣るけど、特徴のある選手がいる。
 今大会の特徴でもあるカタカナの名前の選手が個性的。
 選手交代が当たって勝ってきている。

アギーレ・ジャパン、初の公式戦、アジアカップ、
後藤さんは何に注目して日本代表の試合を見て行こうと思っています?

・ザックの時は無かった、勝負にこだわるアギーレのサッカー。
 試合経過、相手の戦術によって、戦い方を変えるサッカーが楽しみ。
・今、アギーレがスペインのサラゴサで監督していた時の八百長疑惑が
 騒がれているが、仮にアギーレがその職を解かれることになっても
 勝負にこだわる戦い方は、選手にとっても財産になるはず。
・コンディションを見極め、調子の良い悪いを判断してどういう
 メンバーで戦うのか、ザックの時にはなかった楽しみ。
 
ロシアワールドカップの前年に行われるコンフェデレーションズカップ
出場権獲得には優勝が条件です。
日本代表に求められる結果、クリアすべきノルマは、やはり優勝??

・韓国、オーストラリア以外には負けてはダメ。
・ アジア相手で、たとえ守りを固められても勝たないとしたら、
 上手さが足りない。

今夜は、明日、準決勝が行われる高校サッカーと
今日、オーストラリアで開幕したアジアカップ、
二つのサッカーの話題をサッカージャーナリストの
後藤健生さんに伺いました。

ありがとうございました!

2015年1月 9日 19:45
?