田中将大投手のメジャー行き!


今日、「SPONAVI」が注目したのは、

『楽天、田中将大投手のメジャー行きが宙に浮いた』


日米のポスティングシステムについて、メジャーリーグを追いかけ続けている
スポーツジャーナリスト、瀬戸口仁さんに伺いました。
瀬戸口さん!

  

現状を確認すると、
入札最高額と2番目の額の中間を落札額とする方向の修正案を
14日にメジャーリーグ側が白紙撤回。

日本野球機構が今週、20日、水曜日にメジャー側に連絡を取って交渉再開。
今はメジャー側がからの、再度の修正案を待っている状況なんだとか。


・日本側の回答が遅かったことと、アメリカの事情。
 MLB内部のお金持ち球団と貧乏球団の対立が背景にはある。


・ポスティングに入札できるのは、資金力のある5チーム程度。
 他は参加できない。MLBには念房総額でぜいたく税があるが、
 ポスティングの入札もぜいたく税の対象にすべきと、貧乏球団が
 お金持ち球団にかみついた。
 それに対して、ヤンキースなどはぜいたく税の恩恵を受けてるだろ!
 キューバ選手の時は何も言わなかったじゃないかと反論!

という事で入札候補として名前の出てるヤンキースやドジャースは

本気で田中投手をとりたいと考えているという事なんだとか。


・今シーズン、サイヤング賞の2位がダルビッシュで3位が岩隈。
 田中投手の評価は、ますます上がっている。


また、田中投手、メジャーに行けずに、来年も楽天という可能性もゼロではない。

ただ楽天は田中を売ったお金を見込んでいるんだとか。


決着時期は・・・?

・12月にアメリカではウィンターミーティングがある。

 そこまでに田中の去就が決まらないと、お金持ち球団も来季の予算や
 編成で混乱するから、アメリカも同じ早く決めたいはず。


なんだそうです。


今日は、田中将大投手のメジャー挑戦で注目が集まる
日米のポスティングシステムの行方について
スポーツジャーナリストの瀬戸口仁さんに伺いました。

2013年11月22日 20:00
?