ゴルフ、全英オープン!


今週「SPONAVI」が注目したのは、
昨日、スコットランドのエジンバラでミュアフィールドを舞台に始まった
ゴルフのメジャータイトル、全英オープン!

スポーツライターの三田村昌鳳さんに伺いました。


全英オープンというと、
コースが非常に難しいというイメージがありますが、
今年のコースはどうなのかというと・・・


海沿いのリンクスと言われるコース、海から風が吹いて風の影響を受ける。


壺のように深い、ポッドバンカーがたくさんあって、
かなりタフなコースとなっているようです。


風が吹くとボールも影響されますが、
風が強くて寒いとエネルギーを消耗して、思考力が低下したり、集中力も落ちる。


1日に四季があると言われる通り、スタートが朝6時半。

試合が終わるのが夜。スタートによって天気も気温も違うんだとか…


このコース、かなりの曲者です。

 

また、国によってゴルフの考え方も違うというのも面白いですね。


・アメリカは一番とんだやつが勝つ。

 ナイスショットは報われるという考え方。

・イギリスはナイスショット売っても、いつも報われるわけではない
 それが人生という考え方。


今日は、ゴルフのメジャートーナメント、全英ゴルフの話題を

スポーツライター三田村昌鳳さんに伺いました。

2013年7月19日 17:20
?