スポーツライター菊地高弘さんが将来有望な選手をご紹介!


SPONAVIは、甲子園本大会はもちろん、
予選、練習試合も取材しているスポーツライター菊地高弘さんに、
今大会是非注目して見て欲しい、まだ全国区ではないけれども
将来有望だという選手を大厳選してもらいました!


・花巻東の西舘勇陽投手


 あの佐々木朗希投手の大船渡を決勝で破って甲子園出場を決めた。
 花巻東の佐々木監督が雄星、翔平に次ぐ逸材として1年生の時から、菊池、
 大谷がつけた出世番号「17」を付けさせて英才教育してきた逸材。
 佐々木監督はメディアに「大きく育てたい」と言ってきた。
 ストレートは150キロ越え。先輩が偉大だったので、
 まだ見劣りする部分はあるが、この夏で真価を発揮する可能性あり!

・近江のキャッチャー有馬諒選手。


 有馬選手は精神年齢が完全に大人。
 落ち着きがハンパじゃない。高校生のキャッチャーは、一発勝負なんで、
 まず、ピッチャーの良い所を引き出そうとする。有馬選手はそれは前提として、
 相手が嫌がることをとことんやる。そしていろんなピッチャーをリードできる。
 お父さんが阪神ファンなんですが、小学校の時からプロ野球観ながら
 配球当てゲームをしてきて、間違ってたら何故違ったのかを考える
 トライ&エラーを繰り返してきた。いきなり東海大相模と対戦するが、
 強力打線を抑えるとしたら、それは有馬君の支配力。
 僕は春の時点で優勝は近江と言ってきた!


・智弁学園の坂下翔馬選手。


 名門智弁のショートでキャプテン。
 163センチと小柄ながら奈良大会の本塁打記録を更新。体は小さくてもフルスイング。
 このボールここまで飛ばすかという感じ。体が小さい選手は当てに行く
 バッティングが多いが、彼のフルスイングは少年野球の子供達にも
 いい手本になると思う。例えて言えば、走れる森友哉か!?

2019年8月 9日 19:20
?