平野歩夢選手にフォーカス!


今夜のSPONAVIは、スパイスのきいた今、最もホットなアスリート
スケートボードとスノーボードの二刀流、平野歩夢選手にフォーカス!

ご存知のように平野歩夢選手はスノーボードハーフパイプで
2014年ソチオリンピック、2018年平昌オリンピック、2大会連続銀メダリスト!

その平野選手が、先月12日
東京五輪の強化指定選手選考会を兼ねて行われたスケートボード日本選手権で、
男子パークで優勝。スノーボードとの “二刀流”の参戦からわずか2カ月で
頂点まで上り詰め、日本人で5人目となる夏冬両五輪出場へ前進しました。

抜群のルックスと実績で人気を集める若きカリスマの
スパイスのきいた魅力について、スケートボード専門誌『SLIDER』のライター
梶谷雅文さんに伺いました!

Q. 二刀流でスケートボード参戦から、
 わずか2か月で日本一になった平野歩夢選手の快挙、
 梶谷さんはどう捉えていますか?

・スケートボードのコミュニティは、スノーぼーでで銀メダリストでも、
 スケートボードはそんなに甘くないよと冷ややかに見ていた。
 ところが実際に彼のスケーティングを見て、180度変わりました。ものが違う!
 
Q. 平野選手の何が、そんなに凄いんですか?

・スノーボードで培った経験値が大きい。技の大きさが圧倒的。
 エアは倍ぐらい跳ぶ。スケートボードよりスピードが速いスノーボードで鍛えた
 スピードで滑るからエアも高い、だから技もきれい。
・そして体幹が強い。だから斜面に潰されない。
 
Q. 技の難易度も凄いんですか?

・技でいうと540、1回転半。540跳ぶ選手は他にもいるんですが、高さ、形が
 ずば抜けている。スタイルがいいから芸術点が高い。技のシルエットも滑りもきれい。
 とにかくかっこいい。

Q. 技以外に、梶谷さんが平野選手に感じる凄味だったり、かっこよさは?

・謙虚で紳士。メダリストだし、かっこいいし、モテるし、
 調子乗ってもよさそうなのに、全然そういうところがない。
 「世界で言ったら下の方です」とコメントしたように、
 世界を知ってる本物は謙虚なんだなって感心させられる。

Q. 日本代表になったその先、
 東京オリンピックでもメダル獲得期待できそうですか?

・壁は高い。アジアでトップクラスなのは間違いないが、世界にはまだ上がいる。
・日本のスケートボードはアメリカから10年ぐらい遅れてると言われてきた。
 それがインターネットの普及で最新トリックw手軽に見て勉強できるようになって、
 ギャップは狭まってきている。
・平野選手のような日本代表で活躍することによって、
 スケートボードに親しむ人が増えたり、注目度が高まることに期待しています!

今夜は、スケートボードで2大会連続銀メダリストで
東京オリンピックにスケートボードで出場が有力となった、
平野歩夢選手の凄さについてスケートボード専門誌『SLIDER』のライター
梶谷雅文さんに伺いました!

2019年6月14日 19:25
?