GI皐月賞に注目!


今夜のSPONAVIは、
14日、日曜、中山競馬場で行われる
クラシック第1弾となるGI皐月賞に注目!

今年の皐月賞には、デビュー以来、無敗の馬が2頭出走します。
ダノンキングリーとサートゥルナーリア。
この2頭のうちのどちらかが勝てば、2005年のディープインパクト以来、
14年ぶり史上17頭目の無敗の皐月賞馬が誕生することになります。

歴史的な瞬間は訪れるのか!?

お話を伺ったのは、競馬ジャーナリストの入江たのしさんです。

Q. やはり注目は2005年のディープインパクト以来、
 14年ぶりに無敗の皐月賞馬が誕生するかどうかだと思いますが、
 その可能性、入江さんはどのくらいあるとみていますか?

・1番人気が予想されるサートゥルナーリア(牡3歳)は無傷の3連勝、
 どのレースも本当に強かった。そして文句なしの良血。
 エピファネイアとリオンディーズがお兄さん。心配なのは、今年初めて走ること。
 その年1回も走ったことがない馬が皐月賞で賞金に絡んだことはない。

・ただ昔は使わないとダメ、ぶっつけでは走らないのが常識だったが、
 調教も変わって、無駄に走らせたくないとなってきた。
 ぶっつけ本番でもレースに勝つ馬が出てくるようになった。

Q. 3戦3勝のもう一頭、ダノンキングリーはいかがですか?

・ダノンキングリーのお父さんは14年前の無敗で皐月賞馬、
 ディープインパクト。勝てば父と子、2代の皐月賞馬となります。
 ダノンキングリーは、ここまで順調に調整してきている。
 ただ前評判はサートゥルナーリアよりも低い。

Q. 他に注目馬はいますか?

・血統のドラマでいうと、ブレイキングドーンが勝つと、お父さんの
 ヴィクトワールピサ、そのお父さんのネオユニヴァースと親子三代の皐月賞馬になる。
 血統はいつ出るかわからない

Q. 皐月賞に勝つ馬の条件って、どんなことが挙げられますか?

・中山の芝2000メートルのコースは、コーナーを4回周る。
 実力があっても角度がきついので器用な馬出ないと勝てない。

Q. 今年の皐月賞は、ここ最近の競馬界から見ると、
 どんな意味を持つレースになりそうですか?

・いつまで種牡馬としてのディープインパクトの時代は続くのか!?
 新しい血が日本の競馬に入り始めている。

・最強牝馬アーモンドアイと戦う世界の代表が決まる。
 アーモンドアイは今年、凱旋門賞にもおそらく出走する。
 その馬のライバルが現れるか!?

2019年4月12日 19:25
?