卓球に注目!


今夜のSPONAVIは東京オリンピックで、
日本人選手の活躍の期待が高まる卓球に注目!

現在、男子は世界ランキング4位に張本智和
9位に丹羽孝希、10位に水谷隼とトップ10に3人!

女子はさらに凄くて、4位 石川佳純を筆頭に
7位 伊藤美誠、9位 平野美宇、以下、佐藤瞳、芝田沙季、
加藤美優と世界20位以内に6人も入っているんです。

男子、女子、オリンピックに出られるのは、シングルスが2人ずつ。
ダブルスを入れても、それぞれ3人だけしか出場することができません。

熾烈な代表争い、
さらに日曜日に両国国技館で開催されるTリーグファイナルの見どころを
日本卓球協会強化本部長、宮崎義仁さんに伺います。

Q. 最初に、卓球のオリンピック代表が、
 どのように決まるか教えていただけますか?

・2020年1月時点での世界ランキング、日本人上位2名がシングルスの代表。

・団体戦のみの3人目の日本代表は、すでに選ばれた二人とのダブルスの
 ペアリングも考慮して、ダブルスを組むことができて、
 団体のダブルスとシングルスで活躍できる選手1名を強化本部が決定。

・ただし3人目の代表選手は世界ランキングも重要。選手の世界ランキングが
 チームランキングに大きく影響するので、中国と決勝まで対戦しない
 チームランキング2位はメダルの必須条件なため。

Q. 代表争い、現在のランキング上位、男子なら張本、丹羽、水谷。
 女子は石川、伊藤、平野の3選手が優位と言えるんでしょうか?

・誰が代表になるかは全く分からない。誰がなってもおかしくない。
 ランキングを決めるポイントの有効期間は世界選手権やワールドカップは2年。
 他の大会は1年。オリンピック代表を決めるのは今年2月からのポイント。
 女子で現在日本人10位の早田選手は先日のポルトガルオープン優勝で
 1000ポイント獲得している。オリンピックの代表選考に向けたポイント争いで、
 実は優位に立っている。

・ただ、活躍すれば大きなポイント獲得が期待できる世界選手権の代表に
 早田選手はなれなかった。代表入りしている石川、伊藤、平野、
 佐藤は世界選手権の結果次第で一気に代表争い有利に進めることになる。

Q. 厳しい代表争いで勝ち残るために、何が条件になってきますか?

・レベルの高い大会すべてに出て、結果を出すこと。
 女子では伊藤美誠がこのところコンスタントに結果を出している。
 中国人選手相手に昨年は7割の勝率を残した。でもワールドカップの
 代表はアジアチャンピオンの平野とランキング最上位の石川の二人だけ。
 伊藤は他の大会で結果を出す必要がある。

Q. 昨年秋に開幕したTリーグに伊藤美誠選手だけが参戦しませんでした。
 背景に大会に出続けるためのコンディション重視があったんでしょうか?

・伊藤にも考えがあってのことだが、Tリーグは参戦した方が良い。
 卓球をよく知らない人は、「そんなに試合して大丈夫なの?」という人がいるが、
 卓球は試合を重ねることで強くなる。マラソンやボクシングのように試合と
 試合にインターバルは必要ない。ピアノやヴァイオリンと同じで、
 1日でも休むと力は落ちる。
・石川はTリーグに出続けた。張本も出続けた。早田も11勝して実力をつけた。

Q. 最後に今度の日曜、両国国技館で行われるTリーグのファイナルの見どころ
 教えていただけますか?
 
・世界のトップとトップの最高の試合が見れる!

 今夜は、東京オリンピックへ向けて勝負の1年がスタートした
 日本代表争いと17日に両国国技館で開催されるTリーグファイナルについて
 日本卓球協会強化本部長、宮崎義仁さんに伺いました。

2019年3月15日 19:20
?