ラグビー日本代表に注目!


今週のSPONAVIは、
2019年のラグビーワールドカップに向けた協会の一環として
ヨーロッパ遠征中のラグビー日本代表に注目!

11月18日、日本代表は、フランスのトゥールーズで
世界ランキング14位のトンガ代表と戦い、39−6で快勝しました。

前半から良いテンポで攻めた日本は5トライを挙げ、
トンガの得点をノートライに封じて、勝利を収めました。

日本は明日、パリ近郊のナンテールで
世界8位のフランス代表と対戦します。

フランス戦を前に、トンガ戦について、
ジェイミージャパン、強化の進み具合。
フランス戦の見どころを現地、フランスで取材中のラグビージャーナリスト
村上晃一さんに、先ほど電話をつないで伺いました。


Q. 日本代表、強豪トンガ相手に6年ぶりの勝利は、
 快勝と言っていい試合だったと思いますが、いかがですか?

・トンガは若い選手が多かったがやはり強豪。
 日本代表は自分たちの戦い方ができれば、強豪相手にも勝てる実力を証明した。

・オーストラリア戦ではできなかった激しく前にいくファーストタックル。
 マイボールラインアウトを失わない。スクラムで負けない。
 パスとキック、攻撃の選択も良かった。


Q. 今までできていなかったことが急にトンガ相手にできた理由は何ですか?

・今まで強いチームとばかり試合をしていた。オーストラリア、スコットランド、
 アイルランド、どこも強いチーム。そこより少し弱いランクのチームには
 十分できるということ。やろうとしていることは浸透している


Q. 2015年のワールドカップを戦ったエディ・ジャパンよりも
 ジェイミー・ジャパンは強化が遅れていると言われていましたが、
 やっと自分たちの戦い方に自信がついてきたと言えますか?

・エディ・ジャパンよりも遅れているとは、私は思わない。
 エディーさんの時は強い相手とやっていない。ジェイミーは強い相手とばかりやる。

・選手個々の能力は格段に上がっている。エディさんの時は弱いチームを
 どうやって勝たせるか。一段階上がった今は、ベースがある。
 もしエディさんが今のチームを指揮したら、全く違うやり方をしたと思う。

・戦略的な決まりごとはジェイミーの方が多い。エディさんの方が判断は自由。
 今は選手はプラン通りにやれば、勝ちに近づく。


Q. 明日のフランス戦、日本代表にどういう戦いが求められますか?

・まず前に出ていくファーストタックルがきちっとできるか。
 ミスタックルがあったら、フランスぐらいになると、すぐ得点されてしまう。
 あとスクラムとラインアウト、マイボールにできるか。

・アタックはどことやってもできる。大量失点しないで接戦に持ち込むこと。
 ディフェンスが機能すれば、良い試合ができると思う。
 フランスに通じたら、どこにでも通じる。自信を深める試合にしてほしい。

今夜は、ラグビー日本代表のヨーロッパ遠征について
ラグビージャーナリスト、村上晃一さんに伺いました。

ありがとうございました!

2017年11月24日 19:25
?