ラグビートップリーグをピックアップ!


今週のSPONAVIは、
今日、開幕しました、ラグビートップリーグをピックアップ!

今シーズンは、所属の16チームを8チームずつ、
レッドとホワイト、2つのカンファレンスに分け、
まず各カンファレンス1回戦総当たりのリーグ戦と、
別カンファレンスの6チームとの交流戦。
1チームは合計13試合を行います。

リーグ戦後、各カンファレンス1・2位の4チームで、
決定トーナメントが行われ、優勝が決まります。

今シーズンの見どころを、各チームの選手、監督に直接取材した
スポーツジャーナリスト、モリタニブンペイさんに伺いました。


Q. トップリーグ、今シーズンの見どころは?

 キーワードは3つ。一つ目は、「全てはワールドカップのために。」
 二つ目は「世界基準」。三つめは「大混戦」


Q. キャノンイーグルスが「全てはワールドカップのために」を象徴する理由
 教えてもらえますか?

 日本代表のスタンドオフ田村優選手がNECから移籍。
 サンウルブズでの活躍で日本のラグビーファンの人気者エドワード・カーク選手が加入。
 こうした選手の移動は、2019年日本開催のワールドカップを見据えてのこと。

 今年から外国人に特別枠が設けられた。ラグビーの場合、
 国代表でプレーしたことのない選手が他国で3年以上居住すれば、
 その国の代表になれるため。日本代表選手になりうる多くの外国人選手を
 トップリーグでプレーさせて代表選手として選び、代表の強化を図りたい
 という狙いから。
 カーク選手は特別枠ではありませんが、日本代表入りを熱望している選手。

 トップリーグの開幕が早まったのも、トップリーグの決勝が日本選手権も
 兼ねることになったのも、ワールドカップへ日本代表強化の中心となる
 サンウルブズの準備期間を設けるため。

そして、今夜は最後に、渡部さんの高校野球観戦友達の
清宮克幸監督にもコメント頂きました!

ありがとうございました!

2017年8月18日 19:25
?