東京マラソン

今回は東京マラソン、レースとしての見どころと
市民ランナーへのアドバイスをロサンゼルスオリンピック女子マラソン日本代表で
スポーツライターの増田明美さんに伺いました。

まず、レースとしての今年の東京マラソンの見どころは、
なんと言っても世界のスピードを見る楽しみ。
男女ともオリンピックでメダルを獲れるような選手がエントリーしていて、
男子は自己ベスト2時間4分台が4人。6分台が5人。
女子も2時間19分台が1人。20分台が2人とスピードのある選手が出場するなど、
世界のスピードを間近で感じる事が出来ます!

なんでこんなに世界的な記録を持つ選手が集まるかと言うと、
マラソンには2006年からワールドマラソンメジャーズという
マラソン版グランドスラムがあって、ボストン、ロンドン、
ベルリン、シカゴ、ニューヨークの5大会だったんですが
今年から東京マラソンが加わったんです!
つまり東京マラソンの格が上がったということ。

東京マラソンといえば観る以上に走る楽しみがありますよね。

増田さんから、市民ランナーの皆さんにアドバイスを伺いました。
「是非完走してほしい!
そのためには寒さ対策をしっかりと! 
日曜の最高気温は10度。
走り出せば体も温まりますがスタート前から15分、20分並ぶことになります
最初は手袋、アームウォーマーをして、温かくなったら脱いでポケットに
入れるとか工夫して走ってほしいです。」

冷えると筋肉がかたくなって、痙攣することもあるという事で参加を予定している方は、事前の準備をばっちりして万全の状態でマラソンを楽しんで下さい!

2013年2月22日 23:35
?