麻雀のプロリーグ、Mリーグの高宮まり選手が登場!


今週のSPONAVIはスペシャルゲストをお迎えしました。

競技麻雀のプロスポーツ化を目指して発足し
今年10月に開幕した麻雀のプロリーグ、Mリーグ。
コナミ・マージャン・ファイティング・クラブの高宮まり選手が登場!

IMG_2470.jpg

<高宮まり選手>
改めて、高宮まり選手のプロフィールですが、
1988年11月8日生まれ 敵にすると手ごわい、さそり座。
プロ歴8年。その激しい戦いぶりから「淑女なベルセルク」の異名を持つ。
プロ雀士の他に、グラビアアイドルとしても活動する
Mリーグきっての「美しすぎるプロ雀士」です。


Q. 「淑女なベルセルク」グラビアアイドルの柔らかいイメージとはかけ離れた
かなり怖い感じですが、気に入ってます?

・私自身は、「眠れる森の運王」と呼ばれたい!

Q. Mリーグが始まって、何が分かりました?

・まずはイメージがガラッと変わったのではないかと思います。企業様との
 契約選手になる、ということ自体が麻雀業界的に革新的なことなので、
 プロだけでなく麻雀そのもののイメージに新しい風が吹いていると思います。

Q. 高宮選手自身に変化はありましたか?

・打つ麻雀はあまり変わっていないかなと思います。最初の頃は少し引け腰に
 なっていましたが、やっぱり自分にやれることを精一杯やろうと。

・Mリーグの練習会や番組が増えたので、稽古の幅が広がりました。
 あとは雀力ではない力も気になるようになりました。
 稽古していて、麻雀の内容だけでなく所作も今まで以上に
 気にするようになったり。こうしてお話しをさせて頂く機会も増えたので、
 今までより話し方や伝える力が欲しいな〜と思うようになったりもしています。

Q. 選手目線で感じるMリーグの楽しさ、面白さは?

・チーム戦で、初年度で。チーム戦独特の緊張感や嬉しさを
 増し増しで感じられているなぁと思います。チームが勝つと、
 チームや応援団のみんなが嬉しい。負けたときはそれぞれのアプローチで
 親身になって励ましてくれる。一喜一憂を共にできる人達がいる。
 チームメイトの前原さんはファミリーって言ってくれるのですけど、
 まさにそんな感じで。みんなで戦っている!って思えることが嬉しいし楽しい。


今夜は、今年10月に始まったプロスポーツとしての麻雀リーグ、Mリーグ
コナミ・マージャン・ファイティング・クラブの
高宮(たかみや)まり選手お迎えしました。

2018年11月 2日 19:25
?